カーリング混合ダブルス日本代表藤沢-山口組ベスト8に終わる韓国相手に惜敗

カーリング混合ダブルスで惜しくも日本代表の藤沢山口ペアは韓国に惜敗しベスト8となった。

カーリング混合ダブルス日本代表藤沢-山口組ベスト8に終わる韓国相手に惜敗

第8エンド日本1点リードで迎えたのですが、相手が有利な後攻。

日本が、No1を持っている状態で韓国のNo2ストーンを弾こうとして失敗し、No1を韓国に握られる。

韓国がドローショットを決めれば勝利という状態になった。

真上からのカメラではNo1が日本に見えたので、無理にはじかず強いNo1を作って相手を待った方がよかったように見えた。

そうすると、相手がミスする可能性もあったし、1点の失点で済む可能性もあった。

最後、相手に1点を取らせてエキストラエンド狙いの方がよかったような気がする。

この辺りは、プレイしている本人たちしかわからない部分なのかもしれない。

ただ、なんとなく何時もと感じが違う事に違和感が残る試合だった。

日本カーリング混合ダブルスで8強入り

どちらにしても、8強入りは凄いことです。

勝負にタラレバはありません。

韓国はベスト4進出です。

アジアのカーリングがかなり強くなってきていると実感しますね。

更に、施設が増えて人気のウインタースポーツになればいいなって思います。

今からでもプレイできそうなので、施設を希望ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました