女性のダイエットは、女性ホルモンを利用しよう!大豆イソフラボンの効果

女性の内臓脂肪太りは女性ホルモンが関係していた

女性の体と女性ホルモンは切っても切れない関係です。

女性ホルモンが減少してくると様々な障害が女性の体を襲う事がわかってきました。

特に、更年期を過ぎた女性は女性ホルモン不足で内臓脂肪が付きやすく、内臓脂肪太りになりやすくなります。

中高年はエストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンが効果的

実は、女性ホルモンと長寿は関係があることがわかってきました。

女性ホルモンであるエストロゲンが減ると様々な更年期障害が発生するのです。

女性ホルモンであるエストロゲンが減ると太りやすくなります。

特に内蔵に脂肪を蓄積しやすくなるのです。

急激な女性ホルモンの減少は、強い更年期障害を招きます。

この場合は、ホルモン治療を受ける必要があります。

大豆には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。

大豆食品を取る事で、女性ホルモンの減少する分を補って行く事で、急激な更年期障害をしましょう。

イソフラボンを補給する事で、内臓脂肪が燃えやすくなり、内臓脂肪肥満の解消になります。

実は若年層も女性ホルモンが不足している

更年期障害が言うと、中高年の女性をイメージしがちです。

しかし、近年、低年齢層に女性ホルモンの減少が見られるようです。

原因は定かではありませんが、過度なダイエットが影響していると言う説と、食生活の乱れが関係していると言う説があるようです。

どちらにしても、正しい栄養管理が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました