脱毛と除毛は何が違う?永久脱毛って何?

除毛クリームを使った除毛と、サロンやクリニックで行わる脱毛。

脱毛と除毛は何が違うのか調べてみました。

脱毛とは?

脱毛とは、身体に生えている体毛を生えなくしてしまう事です。

体毛は、毛母細胞が周期的に毛を成長させて伸ばしていきます。

毛母細胞にはメラニンが含まれています。

メラニンは黒いので光を当てると吸収し発熱します。

脱毛は、レーザーや強烈なフラッシュ光で毛母細胞のメラニンを熱し、毛母細胞を死滅させる事で毛を生やせなくします。

除毛と脱毛の違い

除毛は、一般には脱毛と違い、表面に出た毛を処理する事を言うようです。

カミソリによる剃毛も除毛と言えます。

一般に除毛と言うとクリームを状の薬品を使って、毛を除去する事を言います。

除毛クリームと言われるものです。

アルカリ性の薬品で、毛のたんぱく質を溶かして除去します。

永久脱毛とは?

永久脱毛とは、毛母細胞を完全に破壊してしまい、二度と毛が生えてこない様にする事です。

一般に、脱毛サロンと呼ばれるエステ系の脱毛は、フラッシュ光を使った脱毛です。

フラッシュ光の脱毛は、完全には毛母細胞を死滅する事はできず、しばらくすると生えてきます。

何度も繰り返す事で、少しづつ毛が生えてくるのを少なくしていき、やがてほとんど生えなくなるようにします。

これと違い、完全に毛母細胞を死滅させるのが永久脱毛と呼ばれている脱毛です。

ニードル脱毛と呼ばれているのが永久脱毛です。

針を毛穴に刺し、電流を流して毛母細胞を破壊してしまいます。

レーザーを使って毛母細胞を破壊する脱毛方法も永久脱毛と呼んでも差し支えないと言われています。

レーザーは、人体に大きな影響を与える可能性が大きいため、医師の管理のもとでしか使用できない事になっています。

レーザーを使った脱毛は、医師の管理のもとクリニックでしか受ける事ができません。

脱毛サロンでの脱毛が、数十回通う必要があるところ、レーザー脱毛は5回程度で終了するようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です