ワイパーデアイサーとは?

ワイパーデアイサーとは、フロントガラスのワイパーのホームポジションの部分に熱線が入っていて、ワイパーが凍るのを防いでくれる装置です。

気温が低い地域では、雪や霜などが窓に付き、その水分でパイパーの一番薄い部分が凍ったフロントガラスにくっ付くのです。

雪が降ると、ワイパーの薄い部分が徐々に凍ってきます。

ワイパーが凍ってしまうと、フロントガラスが綺麗にふき取れなくなってしまいます。

その為、フロントガラスのホームポジション部分に熱線を入れて温め、凍らない様にする装置が必要になるのです。

ワイパーデアイサーを全社比較!
ワイパーデアイサーは、雪が降る地域ではとても重宝する装備です。 ワイパーは、氷点下になると凍ってしまい、フロントガラスにくっ付きます。 デフォッガーをかけるとましにはなりますが、完璧に溶けるわけではありません。 特にワイパ...
知らないと損する車のオプション機能まとめ
車のオプションって色々ありますよね。 小物だとか、外観だとかのオプションは、結構真剣に見るのだけど、装置のオプションを見ない人が居るようです。 とても便利なオプションもあるので、見ないのは損だと思うのです。 今回は、簡単に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました