ダイエットを成功に導く3つの大切な事

ダイエットにはコツがあります。

ダイエットをがむしゃらにおこなったのではある程度体重は落ちてもリバウンドしてしまいます。

リバウンドしないためにはダイエットのコツをしっかりと抑えておく必要があるのです。

体重を量ってグラフにする

死なないぞダイエットって本があります。

以前、当ブログでもご紹介したかと思います。

この死なないぞダイエットの中で紹介されているのは、体重を量るだけのダイエットです。

体重を細かく量る事で、体重の増加要因を頭が意識します。

深く考えなくても、かってに頭が考慮してくれるので、食べてはいけない物を食べなくなるそうです。

特に、細かく体重を量って記録すると、朝、昼、晩とどの食事がダイエットに悪影響を及ぼしているかがわかります。

悪影響を及ぼしている食事を改善すると体重は減っていくのです。

この時、簡単に体重をiPhoneに転送できる体重計が便利です。


オムロン 体重体組成計 カラダスキャン ブラック HBF-252F-BK【ウェルネスリンク対応】

手で記録しなくてもすみますよね。

日常の中で動く様にする

たけしの家庭の医学でも紹介されていましたが、筋肉を動かすと、筋肉から脂肪を排泄するホルモンが分泌されるそうです。

このホルモンは、長時間の運動を行ったとしても、分泌量は変わらないそうです。

それよりも、毎日運動する方がいいらしいです。

毎日15分ぐらいの運動をくり返す事がダイエットに効果的なのです。

15分なら、日常の運動を増やせば何とかなりますよね。

期間限定で行う

以外かもしれませんが、体重を落とすのは一定期間で行った方が良い様です。

これは、体重減少の停滞期と関係があります。

ダイエットを続けていたとしても停滞期が来ます。

すると、我慢しているストレスと、停滞したイライラで、過食してしまうのです。

するとリバウンドしてしまいます。

一度リバウンドすると、元の体重より増える事が多いのです。

あえて、期間を限定してダイエットに取り組む。

2〜3kg落ちたらしばらく維持するように心がけるのです。

どうせ停滞するので、停滞期は維持をする事に集中します。

食べたい物を食べ過ぎない程度に食べる様にして、体重を維持する様に心がけます。

その体重で安定してしばらく安定を維持できたら再びダイエット期間をもうけます。

この様に、期間限定でダイエットをくり返した方が結果効率良く体重が落ちていくのです。

タイトルとURLをコピーしました