LANDROVER、ディスカバリービジョンコンセプトをワールドプレミア

レンジローバーもいいけど、やっぱりディズかバリー!

ランドローバー ディスカバリー

LANDROVERは、北京でレンジローバーの新型、ハイブリッドを発表しました。

ディーゼルハイブリッドで、3L、V型6気筒。

パワーは340PSだそうです。

ディーゼルのハイブリッドって理想的ですよね。

ただ、それでもレンジローバーのハイブリッドの燃費は15.6km/Lだそうです。

もう少し欲しいですね。

レンジローバーだとしかたないかな。

ただ、私的にはディズかバリーの方が魅力的です。

ニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアしたディスカバリービジョンコンセプトは、美しい車に仕上がっています。

HUDに各種インフォメーション!

ランドローバーディスカバリーinside

特に、私的には内装が美しく仕上がっています。

美しいのは、シンプルなセンターコンソール。

この映像だけではどの様なシステムになっているかはわかりません。

ただ、美しいとは思えるわけです。

更に、搭載されたHUDには様々なインフォメーションが表示されるようです。

車体の前後角度、左右角度などが表示されます。

HUDが好きな私にはこのHUDは惹かれます。

もちろん、LANDROVERの車の悪路走破性は魅力的です。

3列目シートが座りやすそう

ランドローバーディスカバリーシート

更に、内装ですが、3列目のシートの充実度が凄いと思うわけです。

3列目シートも普通の2列目シートと同じ質感のシートとなっています。

普通、3列目のシートは折りたたんだり、床下に収納したりで、薄く座り心地を犠牲にしています。

今回のディスカバリーは、普通のシートに見えます。

もちろん、折りたたみはできないでしょう。

その代わり、取り外せるのではないかと思います。

1列目と2列目は前後に移動できそうな雰囲気。

2列目真ん中のシートが独立して前後しそうなので、様々なシートアレンジができそうですね。

そうなると、7名が窮屈でなく乗れそうな気もします。

現行のディスカバリーは、トラックに荷台を着けた様な形になっています。

これはディスカバリーの伝統的な形ではあるのです。

でも、これが少し時代遅れになりつつあったと思います。

そこに新型のディスカバリーです。

美しく、シティユースを考慮した設計になったわけです。

このディスカバリーに乗って、彼女を迎えに行くなんてことができれば最高でしょうね。

VIA LANDROVER

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です