iPhoneがdocomoから発売へ!docomoniになったとたん動作不良にならないでしょうね?

ドコモからiPhoneが販売されることになったと新聞各紙等で報道されています。
これで、日本の3大キャリア全てからのiPhone販売となります。
世界でも珍しい状態ですね。
さて、早速ツイッターでは、ありそうで怖い、ドコモからiPhoneが出たら起こりそうなことってツイートが続出しているらしいです。
TABROIDにまとめ記事が出ています。

ここで、皆が思っていることは、ドコモのプライドを何処まで妥協したかということでしょう。
ひょっとしたら、ドコモのiPhoneは、ロゴが違っていたり、リンゴが出てこないのでは?
そう疑っているわけです。
ひょっとしたら、ドコモのiPhoneだけハングアップしたり、止まったり、電話してたらiコンシェルジュが喋り出したりするかもしれません。
今後、ドコモのiPhoneがどういう不具合を出すかにも注目が必要かもですね。
 
これまでに、Androidスマホが苦戦してきた原因に、差別化と、ドコモ仕様ってのがあると思います。
つまり、ガラパゴスは今も続いていると言うことです。
世界シェアで見れば断然トップのサムソンが苦戦しているのも、ある意味日本のガラパゴス的仕様があると言えますよね。
Androidスマホの苦戦は、使用感の悪さもさる事ながら、
アプリが突然終了する
勝手にメールを打ち出す
電話していると勝手に中断
などの異常事態が頻発することにあると思います。
これらの異常事態症状がなければこれほどに悪評が立つこともなかったでしょう。
日本では、これらの異常事態症状が、Androidが原因と思われているかもしれません。
しかし、実際にはメーカによって差がある、キャリアによって差があるなどの点から見ると、日本のメーカーサイドやキャリアサイドに原因がある様に思えます。
第一は、機能の詰め込み。
機能を詰め込み、独自に開発したドライバーにバグが多い。
ドライバーは、ハードとOSやプログラムを繋げるためにメーカーが作るソフトですよね。
Androidスマホが、カメラやワンセグやおサイフ携帯機能など機能をつけまくったために、機能不全や競合を起こしてしまっている。
この為に、ハングアップしてしまって動かなくなるなどの事態が発生している傾向があります。
メーカー事にOS自体をカスタマイズしている点も悪影響があるようです。
 
更に、キャリアの差別化機能をOSに付加した為の機能不全。
比較的、異常事態症状に陥る話をドコモの製品で聞くのは偶然ではないでしょう。
ドコモは以前の携帯の時代から、自らの過去の栄光にすがる様にiモード仕様を強要し続けてきました。
iモードの仕様のため、見た目にお粗末なメール機能に留まっていて、他キャリアの使用者から馬鹿にされていた経緯があります。
全てに、ドコモ仕様を追加したがために倒けることが多くなってしまっていると言う疑念が拭えないわけです。
 
この様な、ドコモ仕様を、果たして諦めたのか?
そこをいち早くスマホユーザーとなっているツイッターユーザーは知っている訳です。
だから、ドコモ仕様のiPhoneが出来上がるのではって予想しているわけです。
 
それだけならいいですが、ドコモはiPhoneでもやっぱり止まるって事にならないといいな。
そう思うのは、私だけではないのではないでしょうか?
 

Follow me!