セレナ e-Powerが静粛性で高評価静かって良いですよね

内燃機関による自動車はそろそろ終わりに近づいている様に思える。

セレナe-Powerはその先駆け的商品だと思います。

内燃機関の効率は限界に来ているが、モーターの効率ってまだ上げることができる余地があるんですよね。

近年、ネオジム磁石を切っ掛けに磁石の性能が良くなり、小型高出力のモーターがどんどん開発されて居ます。

ドローンの小型かもモーター技術の革新がもたらしたと言ってもいいでしょう。

自動車もハイパワーなモーターで、今までとは違う領域に入っていこうとしていると思います。

しかし、セレナe-Powerを見ていると、リチュウムイオンバッテリーよりエンジンの方が安いんだなって実感してしまいますよね。

ドライブの時静粛だと会話が盛り上がるので好き

静かな車って好きなんです。

エンジン音が響かないと嫌だって言う人がまだまだ居ますが、高級車になればなるほど静粛です。

メルセデスベンツのSクラスに試乗した時、乗っている人全てとお話ができてとても楽しいひと時を過ごせました。

要は、車に何を求めるか何ですが、ミニバンやサルーンセダン、走りを求めるわけでない車には静粛性を求めると思います。

特に、家族や仲間でドライブを楽しみたい人には、ドライブ中に車内でかわす会話が聞こえやすいと、疲れ方が違います。

ドライブも楽しくなりますよね。

そう考えると、EVやe-Powerの車は女性向けでないかと思います。

車内でワイワイしながら、女子会ドライブって良くないですか。

私もドライブ中喋りたい人間なので静粛性が欲しいです。

今回発売になったセレナe-Powerは、試乗した人の全てが静粛性を上げているほど静粛性に力を入れた車になって居ます。

エンジン静か、防音材増し増しのセレナe-Power

セレナe-Powerが静かなのはエンジンが回転する時間が少ないのでってだけでは無いらしい。

実は、セレナe-Powerは、静音材の使い方が贅沢なのだそうだ。

なぜ、それでなくても小さなエンジンで静かで回る頻度も少なくて静かなのに静音材をふんだんに使っているかと言うと、静かになると今度ロードノイズなどが気になり始めるからだと思われる。

エンジンがうるさいと気にならないロードノイズが、エンジンが静粛になると気になり始めクレームになる。

エンジンのうるさい車だと、ロードノイズなんて批判項目に入らないのに、エンジンが静かになると雑誌などでも批判されてしまうわけだ。

静かな車はより静かになっていく法則がある様だ。

セレナe-Power試乗映像を見てみると


セレナe-Powerスペック

最大出力:136ps

最大トルク:32.6kgfm

JC08モード燃費:26.2km/L

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です