esKOYAMAのスコーンって素朴な甘さ

スコーンは、素朴であるが故に難しいって思います。
esコヤマのスコーンを食してみました。
 

ついつい買ってしまったスコーン

esコヤマに放った密偵からの連絡で、ブルーベリーパイをゲットしに行ったのですが、思わぬ伏兵に出会いました。
それがスコーンです。
esコヤマスコーン
スコーンは、素朴なお菓子ですね。
作り方もいたって簡単。
だからこそ綺麗に作るのが難しいといえば難しい。
でも、そんなこと考えずに作るほうが美味しかったりします。

実はクルミが好きです

このスコーンは、旬のブルーベリーとクルミのスコーンです。
あまりベリーが強調されているスイーツを好まない人もいますが、
このスコーンは、ブルーベリーがそれほど強調してこないので心配ありません。
esコヤマスコーン
シンプルで紅茶に合いますよね、やっぱりスコーンは。
今回は、コーヒーを飲んでしまいましたがw

オーストラリアで食べたスコーンがおいしかった

スコーンと言えば思い出すのはオーストラリアで初めて食べたとき。
本当に素朴な味で、現地では大量のジャムと大量のバターが置かれていて、どんどん付けろって言われました。
牧場だったので、飾り気の無い、でも、なんだか雰囲気のいいホーロー製のカップに入れられた紅茶とともにいただきました。
あれ、今考えるとバターが美味しかったのかもって思ってしまいます。
 

お手軽に買えるので差し入れに重宝しそうなスコーン

このスコーン、どこかに差し入れしたいと思ったとき重宝すると思います。
なんと言っても価格が安い。
168円なんです。
大量に必要な時には、前の日の営業終了前までに電話で予約を入れると用意してくれます。
esコヤマスコーン
esコヤマスコーン
 
今回は、妻の分と二個だけ買いました。
ある意味フォトジェニックさんですよスコーンは。

Follow me!