ETC利用で、昼までも深夜割引以下で行楽地まで行って、現地乗り放題にする方法

ETCでお得な周遊プラン

ETCを使って、お得に秋の紅葉見に行こう!

ETCの周遊割引をご存知だろうか?
これからの紅葉シーズン、行楽シーズンにお得なサービスです。
行楽地に、深夜割引料金で行く事ができ、しかも、現地の高速道路は乗り放題と言うお得なサービスです。
ドライブ3
この周遊プラン、大都市からの行楽に無茶苦茶お得です。
東京、大阪、名古屋の三大都市圏から、長野や東北、新潟などに行楽に行くときに役立つサービスです。
それが、各フリーパス。
 

深夜割引より安い、フリーパス

自宅を深夜に出て、深夜割引を効かせて眠い目をこすりながら観光。
そんな経験ありますね。
観光に、行ったのに、高速道路料金が惜しくて、現地では地道を走り、結局あまり回れなかった経験。
ありますあります。
この周遊パスなら、現地についてからの高速道路がフリーパスです。
観光地から観光地まで、高速移動できると言う訳です。
 
ただし、条件はETCを搭載していて、事前に予約を入れておく事だそうです。
 

ETC限定・期間限定トクトクプラン

ドライブ2

計算!どれぐらい安いのか検証してみた

例えば、首都圏から、紅葉シーズンの信州に観光に行ったとしましょう。
とりあえず首都高は自分で払ってもらうとして、高井戸から松本まで行くとします。
松本には、無茶苦茶美味くてデカイトンカツ屋さんがあるのでそれを食べようと出かけます。
すると、高井戸→松本料金が7000円
ETCを使って、深夜割引を効かすと4000円です。
往復すると、14000円
行きも帰りも深夜割引でも8000円です。
これで、行き帰りだけの料金です。
松本市内は高速道路を通らなくても観光できますが、駒ヶ根のソースカツ丼を食いにこうって話にはなりません。
別料金です。
ところが、信州ハイウエイ周遊プランを使えばなんと!
6500円です。
 
安くないですか?
 

その差額は7500円!

 
尚かつ、長野ー中津川ー小渕沢までは回数制限無しの乗り放題。
諏訪で、美味しいハンバーグを食べる事もできます。
美味いんですよハンバーグ。
ドライブ1

各種ETC限定周遊フリーパスプラン

周遊プランは、これだけではありません。
フェリーでお得、北海道ETCふりーぱす
北海道ETC夏トクふりーぱす
東北観光フリーパス
えちごトキめきフリーパス
新潟めぐり秋の週末フリーパス
長野道上信越道おかげさまで20周年フリーパス
北関東オーライパス
信州ハイウェイフリープラン
まるごと富士山ドライブプラン
北陸・岐阜ドライブプラン
愛知・岐阜ドライブプラン
ぶらり中国道・山陰路周遊フリーパス
四国丸ごとドライブパス
などのプランがあります。
各フリープランの情報はこちらから→https://www.go-etc.jp/waribiki/freepass.html 
 

ETC限定と他の条件

それぞれ、発着エリアと周遊エリアが決まっています。
この発着エリアから高速に入り、周遊エリアで降りる、周遊エリアから入り、発着エリアから降りるの行き帰り料金。
周遊エリアの乗り放題パス。
この2つがセットになっています。
事前にインターネットで予約。
このときETCカードが必要です。
予約のときに登録したETCカードで利用すると、割引料金になります。
断然お得ですよね。
期間はだいたいのプランが3日間。
連続した3日間で使用可能です。
 

ETCを上手く使わないと損!

ETCを車に搭載していない人は少なくなりました。
ほとんどの人が、ETCゲートのレーンを通過していきます。
一時期の高速料金一律1000円の時が夢の様に思えますよね。
日本は本当に交通費が高い。
一人での移動だと、車が一番高いでしょう。
しかし、このプランと、家族でって条件が整えば、安くて楽しい旅行ができると思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました