スマートEX会員になったら是非使いたい「ひかり」のEXグリーン早得

EXグリーン早得は、是非「ひかり」で利用したいサービスです。

「のぞみ」の場合、朝6時台の「のぞみ」のみ利用できるサービス。

指定席と変わらない料金でグリーン車を利用できるサービスなんです。

「のぞみ」では、朝6時台しか乗れませんが、「ひかり」なら終日利用できます。

「ひかり」の方が利用できそうですよね。

少し遅いだけ!「ひかり」EXグリーン早得でグリーン車に乗れ!

EXグリーン早得なら、「ひかり」のグリーン車を安く、お得に利用できます。

詳しい内容を記載しておきます。

「ひかり」グリーン料金は通常ののぞみ指定料金とほぼ同じ

憧れのグリーン車に、指定席料金と変わらずに乗れる。

実は、EXグリーン早得の方が50円安いという結果。

通常指定席料金14,450円≒EXグリーン早得(ひかり)料金14,400

ちんみに通常料金で「ひかり」に指定席で乗ると14,140円です。

ほぼ変わらず、グリーン車に乗れるっていいですよね。

「ひかり」と「のぞみ」到着時間は何分違う?

「ひかり」は東京ー新大阪間177分。

「のぞみ」は東京ー新大阪間153分。

で差は24分です。

たぶん、「のぞみ」の運行と「こだま」との関係で、173分で到着予定の「ひかり」もあります。

まっ、たった4分ですが速い列車もあります。

24分といってもグリーン車の座席ですからね。

よく寝れますし、24分多めに寝るってのも悪くないでしょう。

「ひかり」の問題点は本数の少なさ

昔は、新幹線のなかで一番速かった「ひかり」です。

もちろん、本数も多かった。

でも、現在は運行している新幹線のほとんどが「のぞみ」です。

「のぞみ」が10分に1本走っているのに対して、「ひかり」は30分に1本です。

つぎが直くるって感じでは無いですね。

ただ、EX早得切符は指定した列車しか有効ではありません。

だから、どちらにしろ決め打ちで乗らないとダメなんですけどね。

24分時間がかかるので、「のぞみ」計算より30分早い電車に乗る。

これですね。

「ひかり」は無くならない

現在の、東海道新幹線はほとんどが「のぞみ」です。

新幹線の需要が、大都市間を結ぶものとなっているからでしょう。

東京ー名古屋、東京ー新大阪、東京ー京都が利用客の大多数という事です。

「ひかり」は、「のぞみ」の停車駅にプラスして、静岡と浜松に止まります。

その分時間がかかってしまします。

東海の各都市からの利用を考えて「ひかり」が運行されています。

しかし、「のぞみ」に比べると、「ひかり」の乗車率は少ないのだと思います。

そこで、「ひかり」に乗客を分散させるためにって策がEXグリーン早得なのだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です