ワッパが実用化に!

機動戦士ガンダムでは、モビルスーツ以外でも魅力的な兵器と言うか、乗り物が登場します。

その中でも、一番なのがワッパではないでしょうか。

ワッパは、空中を浮いた状態で走る乗り物です。

ヘリコプターの様なファンローターを、前後に2つ装備しています。

そのローターを回す事で浮上するのです。

実用性があると話題になったものでした。

今回は、本当に実用化されて実験に至った様です。

まさにワッパです。

実用は可能だと思われていたのに実用化されない。

その理由には、燃料の問題があるでしょう。

今回開発された物も、どのぐらいの飛行時間があるのかは不明です。

長く飛ぼうとすると燃料をたくさん積まないといけません。

燃料を積むと重くなり、長く飛べなくなる。

どうしてもジレンマがあるのです。

ファンや姿勢制御の方法を開発するより、燃料等の問題を解決する事が難しいわけですね。

エンジンで実用化すると、燃料の問題。

モーターだとバッテリーと容量の問題がつきまとうわけです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です