JR九州のななつ星に続け!JR西日本にも豪華列車

JR西日本も、ななつ星の様な豪華列車試乗に参入

JR西日本豪華列車
 
VIA JR西日本
JR九州で豪華列車ななつ星が大人気となって、JRでは、豪華列車ブームが到来の兆しとなっています。
今回JR西日本の中期経営計画2017に盛り込まれたのが豪華寝台列車だ。
ななつ星同様、全室スイート仕様の設計で、ラウンジカーに食堂車、展望カーなどが接続される。
なんと、1列車の定員は30人程度。
1両3室5両と、1両1室の最上級車両が1車両となっています。
コンセプト的にはななつ星と同じような感じですね。
以前から、大人の旅行需要の増加を予想していましたが、これほどの需要があるとは思っていませんでした。
海外で大人の旅と言えば船の旅。
もちろん、日本でも船の旅の人気はありますが、船酔いなどの不安が付きまといます。
そんなおりに、韓国の沈没事故があり、船の旅を不安視する意見も聞かれるようになりました。
もちろん、豪華客船には、貨物は積載されません。
転覆事故なんて起こりえないでしょう。
でも、不安なんですね。
日本の乗り物の中でも、列車には安心感がありますから、豪華な大人旅といえば列車ということになるのかもしれません。
JR西日本豪華列車
 
VIA JR西日本

問題はコンテンツ?

ななつ星の人気は、豪華列車もさることながら、人気の観光地を抱えるJR九州であるからということもあるでしょう。
JR西日本にどれぐらいの魅力ある観光地があるかと言う事が人気になるかどうかの要となります。
この豪華列車は、ディーゼルを使ったハイブリッド列車。
電化されていない区間も通行が可能に設計してあると思われます。
とすると、中国地方の非電化区間を通って出雲などの人気スポットをめぐることになるのでしょう。
出雲は、若い女性にも人気になっていますので、新型豪華列車も人気が出るように思います。

Follow me!