iOS8とMacOSヨセミテの連携は、iPhoneの画面を動画キャプチャー可能にする

WWDC 2014で発表されたiOS8と新しいMacOSヨセミテは、本当に親和性高く設計されています。
画面のデザインも、共通となり、どちらかのOSを使い込んだならば、もう一方のOSでも違和感が無い状態となります。
親和性の充実した二つのOSは更に連携が強化されます。
MacOSでiOSキャプチャ
 
VIA 9to5mac

やり方を教える動画作成に、動画キャプチャーでキャプチャーは使える

9to5Macにも掲載されていますが、iPhoneの画面を動画としてキャプチャする事が可能となります。
この機能は計り知れない恩恵を齎す可能性があると思われるのです。
Web状には、様々なiPhoneアプリのリビューサイトが存在します。
あるいは、やり方をレクチャーするサイトです。
このレビューやレクチャーを、簡単に動画にしてYouTubeなどにアップする事ができます。
アプリのレビューサイトは、アクセス数もあります。
そのアクセスをYouTubeに引っ張る事ができる。
新たなユーチューバーの登場もあると思われるわけです。

任天堂もプレイ動画UP容認

任天堂も、プレイ動画をUPする事を容認しました。
これにより、これまでの任天堂のゲーム機のプレイ動画もYouTubeなどで稼ぎを生む事が可能となります。
プレイ動画は、若者の間でよく見られている動画。
私の息子も1日中見ています。
話を聞くと、他の人の子供さんも同じ状態とか。
確実に、稼げるモデルが完成しようとしていますね。

Follow me!