iPad mini Nexus7 スペック比較!スペック比較は意味ないけどね

スペック比較です。
某サイトから拝借です。
 
個人的に、スペック比較にはあまり意味がないと思っています。
単純に、CPU比較、メモリー比較、液晶比較などにはそれなりに意味があります。
しかし、操作してみてなんぼでしょう。
 
先ほど掲載した記事にもありました。
iPad miniにとって一番重要なのは、Retina Displayでもなくましてや価格でもなく、iPadであること。
そう、重要なのはiPadである事です。
 
iPad mini
OS:iOS 6
本体サイズ:幅134.7×高さ200×厚さ7.2 mm
ディスプレイ:7.9インチ(1024×768ピクセル/163ppi)
重量:312グラム
バッテリー:最長10時間駆動(16.3Wh)
カメラ:背面500万画素、前面120万画素
CPU:A5チップ(デュアルコア)
メモリ:512MB
ストレージ:64GB
無線LAN:802.11a/b/g/n(802.11nは2.4GHz/5GHz)
ポート:Lightningコネクタ
Nexus7
OS:Android 4.1(Jelly Bean)
本体サイズ:幅120×高さ198.5×厚さ10.45mm
ディスプレイ:7インチ(1280×800ピクセル/216ppi)
重量:340グラム
バッテリー:最長8時間駆動(4325mAh)
カメラ:背面なし、前面120万画素
CPU:NVIDIA Tegra 3 (クアッドコア)
メモリ:1GB RAM
ストレージ:16GB
無線LAN:802.11 b/g/n
ポート:micro USB
 
操作してみてどうかですよね。
ネットで調べてみると、クワッドコアのTegra3とデュアルコアのA5と差があるはずなのに、操作感に差がないとの事。
なんと!
タブレットもPCもトータルで評価しないといけません。
 
もちろん、OSもタブレットやPCの一部ですよね。
ハードとOSが近いAppleのタブレットやPCは、少し劣るCPUであろうと、トータルでは速いのですね。
 
私の、Macも、CPUスペックではWindowsパソコンに劣っているのですが、使用感では勝っています。
これは、OSやアプリを含めたトータルな環境でWindowsPCを凌駕しているからでしょう。
これで、また一つiPad miniを買う要因が出来ました。
 
でも、その前に、iPad Retineも見てみないとね!

Follow me!