ホンダ・ジェイド

ジェイド!低車高ワゴン3列シートのハイブリッド

ジェイドは、中国で先行して発表されていた車です。

今回、国内仕様が発表され、ホンダのウェブサイトにも掲載されました。

何と言っても特徴は、低車高のワゴンでありながら3列シートを持つこと。

ジェイドハイブリッド

ストリームの後継モデルと言われていますが、ストリームよりもシャープなイメージですね。

シャープになったのはスタイリングだけではないようです。

ハイブリッド車ですが、そのハイブリッドシステムがスポーツハイブリッドシステムi-DCDが搭載されています。

このハイブリッドが、ホンダのハイブリッドで不評となっている切り替えラグが無くなっていることを期待しますね。

ジェイドはシートも特徴的

スタリングやハイブリッドが注目されそうなジェイドです。

でも、インテリアも結構特徴的です。

もちろん、3列シートも特徴的なのですが、2列目シートも特徴的なのです。

事実上2列目シートは、2人しか座れません。

ジェイドハイブリッド

3人座れるのが普通の2列めシートを、大胆に2人にしたようです。

その代わりといってはなんですが、大きなアームレストが付いています。

おそらく、左右別々にかなり移動できるシートになっているのではないかと思われます。

各種安全装置搭載

ジェイドには、最新の安全装備が搭載されるようです。

衝突軽減ブレーキ、アクティブクルーズコントロール、車線維持支援システム

車線逸脱防止機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能も搭載。

この辺りは、もうすぐ標準装備にしないといけなくなる機能ですね。

一番おもしろいのは、標識認識機能です。

カメラが標識を捉えると、インパネのモニターに表示されます。

知らない道に入っていって標識を見逃した!

そんな経験は誰にでも有るはず。

これを防止してくれる事になりそうです。

ドライバーにも優しい車になりそうですね。

VIA clicccar

 

ジェイドの値引き情報⇒ジェイド 値引き

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です