2人目の大切さ!フォロワーに徹する

2人目の人物が注目中

フォロワーに徹する
大河ドラマでも軍師が注目されています。
軍師、所謂参謀です。
実は、世界中で、参謀に人気があるのは日本が一番の様です。
普通は、リーダーだったり、エースと呼ばれる人が人気があります。
将軍だとか、指揮官です。
しかし、日本では軍師や参謀が評価が高い。
知的で、陰に隠れてリーダーを支え、味方を勝利に導く。
もちろん、参謀が力を持ちすぎる事は良い事はありません。
カリスマと力はリーダーに集めた方がいいですね。

ムーブメントを起こす時の二人目の重要性

二人目の重要性は、リーダーと参謀と言うだけではありません。
フォロワーとしての二人目のがムーブメントを起こすかどうかのキーマンになると言うのです。

ある野外フェスティバルでの観客の様子をホームビデオで撮影したもの。
ステージ上ではダンスミュージックを演奏しているようですが、観客は聞いているのかいないのか、芝生の広場で三々五々、座り込んだり寝そべったりしながらくつろいでいます。
そのとき、上半身裸の一人の男がどこからどもなく現れて、音楽に合わせて踊り始めます。
彼はただひたすら踊るだけ。
一人でやっているから奇妙にみえますが、実際には誰かでもできる簡単な動きで、参加しようと思えば、簡単に真似することができます。
そこに2番目の人物、「フォロワー」が現れます。
じつは、この「フォロワー」の存在が、ムーブメントを起こす上でもっとも大切な鍵となります。

二人目の行動が、実はかなり重要です。
二人目は、加わるという行動を他の人にしめします。
一人ではただ単に奇妙な行動が、だれかが加わることで楽しそうな行動になる。
自分も加わってもいいのかって思わせます。
楽しそうにしていると、そのうち加わる人も出てくる。
二人目の存在は、最も重要な行動と言えます。
 

会社で、フォロワーが居ると会議が動き出す

日本の会社の会議って、あまり良い会議をおこなっていません。
発言もまばらだったり、反対意見ばかりでたり。
リーダーが何かをすることを表明する。
すぐに賛同する人が居ない様な状態。
この時、フォロワーが賛成意見を言う。
それだけで会議が動き出すことは、誰しも経験していることではないでしょうか。
もちろん、腰巾着のNo2が賛同したのでは、ダダしらけですけどw
何時もは、リーダーに意見具申している人が、フォロワーとして賛同すると一挙に会議が動きます。
身近でもフォロワーの重要性が実感できるわけです。
 

会社に使われない人は、リーダーよりもフォロワーに徹する方が早い

的確なフォローをいれる人は信頼されます。
仕事自体も、リーダーになることにこだわらないで、リーダーをフォローすると進みます。
リーダーが仕事をしやすくなると、仕事がまわるわです。
フォロワーとして力をかしたプロジェクトなどが成功する。
リーダーが、リーダーとして成功すると、その成功は自分にも返ってきます。
何の見返りも要求すること無くても、回って返ってくるものなのです。
この事は、パンダ渡辺さんこと、渡辺雅典さんも強調しています。
俺が俺がとしゃしゃり出るより、フォロワーに徹する方が見返りも多いわけです。
 

Follow me!