思い込みを変えるために必要な4つの手順

動きたくて眠れなくなるが教えてくれる人間の思い込みの力

思い込む

人間の全ては思い込みで出来ている

人は思い込みで出来ていると言われています。
簡単な物で言うと好きとか嫌いとかの好み。
特に、人間関係では顕著。
一度何か言われたとか、初対面の時の印象が悪かったとか、思い込みで好き嫌いが出ます。
その思い込みはなかなか消える事はありません。
思い込みを覆すとても印象的な事でも起らなければ・・
しかし、実際には、深く付き合いはじめると、思い込みが本当に「ただの思い込み」であったと気付く事が多い。
人間の感情はひじょうに思い込みに左右されている訳です。
 

思い込みを変えれば自分が変わる

脳はいつでも「現実と思い込み(セルフイメージ)」に一貫性を持たせようとする。
毎日同じ人と顔を合わせなさい、同じような振る舞いをしなさいと言われているわけではない。
なのになぜか今日も一日、一年前の似たような一日を過ごしている。
それは「私はこういう人間だ」という思い込みと矛盾しないような行動を、無意識のうちにとっているからだ。

人は、勝手に自分で自分を思い込んで、それに合う様に振る舞っているだけなのです。
俺は怠け者だって思っていると、怠け者になるわけです。
怠け者であっても、おれは勤勉でコツコツやるやつだと思い込んでいると、だんだんコツコツタイプになっていくわけです。
様々な情報が、世界には飛び交っていて、誰もがその情報を手に入れる事ができるのです。
しかし、同じ情報を手に入れても、それぞれの人の思い込みで情報を選択してしまいます。
有益な情報でもフィルターがかかる事があるわけですね。
思い込む

思い込みを変える4つの手順

「動きたくて眠れなくなる」池田寄貴将さんの著書には思い込みを変える4つの手順が書かれています。

1.思い込みに気付く事
2.再評価する事
3.思い込みを選ぶ事
4.クセをつける事

自分自身の思い込みに気付く事が大切で、その思い込みを自分が都合の良い物に変えていく。
すると、自然と今度は自分で自ら思い込んだ自分に変わっていくわけです。
その為には、自分が自分を思い込んでいる事に気付く。
自分は頭が悪いと思い込んでいたら大変です。
本当に頭の悪い人なんて、そんなに居ないはずです。
そして、なぜそう思うにようになったのかを再評価します。
思い込みを新しい思い込みで上書きするために、思い込みを選びましょう。
新しい自分を思い込むわけです。
そして、「その思い込みで過ごしている自分を想像する。」
頭がよい自分を想像するわけです。

一晩で塗ったメッキはすぐにはがれるけれど、何度も何度も上塗りしていくうちに、いつの間にか本物の仕上がりになっているのだ。

と言うわけです。

自分を凄い人間だと思い込もう!

この様に、脳が「あれ俺って出来る」って思い込んだ事は出来る様になる。
そう言っている人はたくさん居ます。
つまり、何人もの人が、思い込む事の凄さを語っているわけです。
脳の善し悪しなんて、そんなにありません。
どれだけ自分を騙して思い込ませるか。
それによって、どんな人になっていくかが決まってくるわけです。

Follow me!