アメリカで何が売れるかはアメリカ人に聞け!

世界が誇る日本の調味料醤油

日本が世界に誇るのが醤油。
世界中でソイソースは売られていて、人気が高い。
世界で売られている醤油はキッコーマンだ。
キッコーマンは、まだまだ日本が発展していく最中に、日本市場に不安を覚えた。
そして、アメリカ市場を目指す。

キッコーマンの営業利益の60%以上が海外市場

意外と知られていない事だと思うが、キッコーマンの営業利益の60%は海外市場からもたらされるものだ。
日本で売れている物だと思っていたキッコーマンの醤油。
それが海外で60%の利益をだしている。
いち早く、日本での醤油離れを予見し、世界史上に打って出たキッコーマンは、他の醤油メーカーに無いチャレンジスピリットを持っていたのだ。

売る土地の料理にいかに合うかを伝えよ!

キッコーマンが、世界に進出する売り込み方法は徹底した実演販売。
醤油を知らない外国人に、まず、醤油を知ってもらうのだ。
醤油を知ってもらうために必要な事は、郷に入れば郷に従えだ!
アメリカ人が欲しい物はアメリカ人に聞くしか無い。
アメリカ人が食べたい物に醤油が会うことを教えて上げないといけないのだ。
売り始めた当時のアメリカに日本食は根付いていない。
だから、醤油がお肉に合うことを教えるために実演販売をおこなったのだ。
醤油を売るためにレシピを売る。
レシピを付けて醤油を売ったのだ。
そのレシピが美味しければ、醤油は売れると言うわけだ。
商売の本質はここにある。
お客様の役に立つものが欲しがる物に変わる。
ブログも同じ。
読者の役に立つ記事がアクセス数を増やす。
[amazonjs asin=”4820118250″ locale=”JP” title=”キッコーマンのグローバル経営―日本の食文化を世界に”]

Follow me!