遅ればせながら、Kindleを買いました。

今更なのですが、Kindle paper white買いました。
今更ながら、開封の議行います。
本当今更です。
koboを買ったために、なんだか2つ電子書籍端末を買うのが気が引けたって理由で買わなかったKindle。
iphoneでもKindle書籍読めるしって思いもありました。
でも、最近のKindle本は、100円で様々な書籍が出版されています。
そのどれもが、紙の書籍ではついている贅肉の部分がなく、シェイプアップされた、必要な部分が書かれたものとなっていました。
読む量が減るので、助かる。
これは買わないとって思って購入したわけです。
 

黒い箱は、Kindleポイですね。
アップル製品の白と対照的です。

真ん中でロゴが微笑んでいます。
このKindle、その日のうちに到着しました。
なんたる速さって感じです。
まさにキョウクル!

箱のデザイン、端の部分が斜めになっています。
この辺りは賛否あるものかと思います。

さあさあさあ、開けますよ!
って、みんな持ってますよねw

この手の端末は取説はいりませんね。
ipodを買った時に、取説の無いのにビックリしました。
当時の日本のメーカーの携帯電話はの取説の分厚さときたら、本何冊にもなっていましたから。

同時に購入を勧められ、購入しておいた保護フィルムを貼ります。
この後失敗に気付きます。
上合わせで貼らなかったために、上側に隙間ができてしまいました。
下は気になりにくいですが、上は気になりますね。
失敗です。

噂の名前入り。
Amazonで購入すると名前が入って届けられます。
ニクい演出ってところでしょうか。

Kindle買ってわかった事がいろいろ。
やっぱ、3Gにしておけば良かったって事。
松宮さんが、Facebookで3G薦めてたんですよね。
従っておけばよかった。
外出して使用する事が少ないので、いいかと思って3Gはやめたのですが、クラウドと端末で本をやりとりできるKindle。
2GBの要領でも、1000冊近く入るのでいいのですが、クラウドには買った本が全てあるわけで、3Gなら何時でも引き出せたわけですよね。
失敗でした、ケチってはだめですね。
 
そして、上の機能。
他の人のハイライトが表示されるって面白い。
いろんな使い方ができます。
沢山の人がハイライトしている部分は重要であると考え、そこを重点的に読む。
これなら速く読めますね。
逆に、他の人が注目していない所を探す事もできるわけです。
偏屈的な見方。
でも、偏屈的な見方って大切です。
人の意見を疑ってみる。
疑った中から新しいものが出てくるかもしれません。
 
Kindleを購入して、今発刊されているKindle本とこれから発刊されるであろうKindle本にアクセスする量が増えると思います。
長時間バッテリーですので、電池を気にせずに外出時に使用する事が可能です。
本を読むって使用方法であるなら、Kindle paperwhiteが一番だと思っています。

Follow me!