激安】クムホ オールシーズンタイヤ ソルウスHA32雪道レビュー!!

自動車

オールシーズンタイヤクムホソルウスHA32をご紹介します。

なんと言っても、安くて交換の手間が要らないオールシーズンタイヤ。

値段も安いのに、もしもの積雪時も走れるタイヤとしてとっても便利です。

そんなクムホソルウスHA32をご紹介します。

激安オールシーズンタイヤ クムホソルウスHA32の雪道走行レビュー!!オールシーズンタイヤはどこまで走れるか!口コミ・評判も検証!

オールシーズンタイヤは、夏用タイヤよりも雪上走行性能が高いタイヤです。

雨の日の走行は、スタッドレスタイヤより高いと言う性能も秘めています。

どちらも中間的な性能である事も否めません。

クムホソルウスHA32を雪道走行テストレビュー!

自宅近くに雪が降ったので、最近購入したオールシーズンタイヤをテストしてみました。

雪道平地走行

雪国で無い土地で、急に朝起きたら雪が積もっていた。

その様なシチュエーションになったので、レビューを兼ねて走ってみました。

太平洋側の都市でもありうるシチュエーションだと思います。

はっきり言って、平地で走行するのに何も問題はありません。

走りだし、ブレーキ、カーブ、ほとんど問題なく走行できます。

発進時のアクセルワークは慎重に

発進時のアクセルワークだけはドライ走行時と比べてゆっくりと慎重に行いましょう。

アクセルの開け方が早いとグリップ力が追い付かず、滑ります。

空転するほどまでには至りませんが、ズリって感覚があります。

少し滑った後グリップを取り戻す感じです。

発進時、いきなりアクセルを開けずに車のクリープで発進し、

ある程度スピードが出たらアクセル踏むようにすれば大丈夫です。

雪道坂道走行

結果から言うと、オールシーズンタイヤで雪道の坂道を登る事は可能です。

オールシーズンタイヤで一番心配だったのは、雪の坂道を登れるかって点です。

ちょっとした雪道、平地での雪道ならノーマルタイヤでも走れない事はありません。

しかし、坂道は別です。

ノーマルタイヤでは坂道はグリップせずに登れなくなります。

では、オールシーズンタイヤはどうかと言うと、上記した様に坂道も登れます。

スピードさえ出さなければ、かなりの坂道も余裕で登れます。

坂道で検証!ソルウスHA32登行性能

実際に降雪時に坂道を登ってみました。

どれぐらいの勾配かわかりにくいと思います。

そこそこアクセルを開けないと登って行かない坂道です。

この坂道を苦も無く登って行きます。

坂道を登る事も問題なくこなしました。

轍の滑りやすい麺では滑る事も

ただ、スタッドレスタイヤと比べるとグリップ力が劣る事は間違いありません。

数年間履き続けたスタッドレスと比べてもグリップ力は低いと思います。

例えば、轍に入った時、踏み固られた場所に入ると少し滑ります。

少し滑ってグリップ力を取り戻し進むって感じです。

グリップ性能

グリップ力をスタッドレスタイヤと比べると、劣ると感じます。

と言っても、通常走行時には全くグリップ力の無さを感じる事はありませんでした。

坂道でもきっちり登ってくれるし、カーブで滑る事もありません。

ただ、限界値が低いと言う事です。

スタッドレスタイヤなら、雪道でも雨の日ぐらいの感じで走る事ができます。

あまり意識しなくても走る事が可能です。

しかし、オールシーズンタイヤソルウスHA32の場合、注意しながらの運転が必要です。

急に「あっ、滑ったな」みたいな時があります。

もちろん、アイスバーンの走行性能は低いので、アイスバーンはスタッドレスタイヤと比べものにならないと思います。

フルブレーキングテスト

フルブレーキングテストを行いました。

今の乗用車はもれなくABSが搭載されていると思います。

ABSが標準で無いときから車に乗られている方にはABSのありがたさがわかると思います。

フルブレーキングすると、もちろんABSが作動して止まります。

ここでも、ABSが効き始める限界点がスタッドレスタイヤよりは早いと感じられます。

しかし、なんの問題もなく停止する事が可能です。

できるだけ余裕をもって、フルブレーキングしない運転はスタッドレスタイヤでも必要ですよね。

感想

雪道の走れて、夏も交換の必要がないオールシーズンタイヤ。

雪国の方にお勧めするタイヤではありませんが、雪国でないけど、年に数回雪が降るって所にお住いの方にはおすすめします。

年に数回のために冬前と春前にタイヤを交換するのは大変です。

賃貸に住んでいたころには、タイヤの置き場にも困りました。

そう言った、スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの2本を用意する事で起きる苦労が無い。

それがオールシーズンタイヤだと思います。

オールシーズンタイヤを購入するときに確認しておく事

オールシーズンタイヤを購入するにあたって、確認が必要な事項があります。

それは、購入するオールシーズンタイヤが冬用タイヤの規制を受けるかって事です。

オールシーズンタイヤの側面にSNOWの刻印が入っていれば冬用タイヤとして規制を受けず走る事ができます。

オールシーズンタイヤの場合M+Sの刻印が入っていれば冬用タイヤとして認められます。

さらに、スノーフレークマークが入っていると、厳しい寒冷地でも十分な性能を生かすことが認められたタイヤと言う事になります。

出典:クムホジャパン

 

冬用タイヤとして認められたタイヤを選択しないと高速道路の冬用タイヤ規制を受けて、高速を下ろされてしましますので、いずれかのマークが入っている事を確認しましょう。

クムホ オールシーズンタイヤ ソルウスHA32とは?どんなタイヤ?

ソルウスHA32 SNOW スノーフレーク M+S取得タイヤ

オールシーズンタイヤ、クムホソルウスHA32は冬用タイヤとして認められています。

冬用タイヤとして認められています

  • SNOWマーク 高い雪道走行性能が認められている証
  • M+Sマーク ノーマルタイヤに比べ泥や雪道の走行性能が高い証
  • スノーフレークマーク 欧州で冬用タイヤとして認められた証

特に、スノーフレークマークがついているので、欧米で、厳しい寒冷地でも十分な性能を生かすことが認められていると言えます。

ソルウスHA32 価格

ソルウスHA32の価格は激安です。

通常オールシーズンタイヤの場合1本1万円あたりの価格が多いと言えます。

ところがクムホソルウスHA32は、1本5000円近辺で販売されています。

激安タイヤと言えます。

価格コムで調べても、これ以下の価格のタイヤは見つける事ができませんでした。

私の場合5,500円で購入しました。

クムホとはどんな会社?

 

オールシーズンタイヤをネットで購入が激安!問題点は?

オールシーズンタイヤをネットで購入しました。

タイヤは現在、ネット購入が最も安いと思います。

ただし、タイヤは、大きいし重いし、ネットで購入するのに向いていない商品と言えます。

その上、ホイールに取り付ける事は素人には無理!

取り付けるだけでも無理ですが、バランス調整も有るのでプロの力が必要です。

では、どうしたらいいのでしょうか?

タイヤはネットで購入ディーラーに直送で取り付け

プロの力を借りる事を考えた時に、最初に思い浮かぶのはディーラーではないでしょうか。

ディーラーは、タイヤを持ち込めばホイールに取り付けをおこなってくれます。

もちろん工賃はかかりますが、信頼性は抜群です。

工賃もタイヤの販売店と変わらない場合が多いです。

1本2500円ほどです。

通販で購入したタイヤも取り付けてもらえます。

ディーラーに交渉して、ネット通販店からディーラーに直送を許可してもらいましょう。

新車を買ったディーラーなら、いろいろと注文は聞いてもらえます。

ディーラーからタイヤを直送、少しの間保管してもらい、取り付けにうかがうようにします。

これで、タイヤの取り付け問題も、大きい、重い問題も解消です。

量販店のネット販売を利用して、近くの量販店で取り付ける

今回のクムホソルウスHA32を調べてみたところ、オートバックスでも販売しています。

しかし、オートバックスの店舗に問い合わせたところ、ネット販売専門で販売しているそうです。

つまり、店舗に行っても置いていないのです。

そこで、オートバックスの通販サイトで購入し、店舗に配送してもらい、取り付ける方法をおすすめします。

オートバックスは全国に店舗がありますので、お近くのオートバックスで交換が可能です。

価格コムなどで調べるとオートバックスは最安ではありません。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました