LCC ローコストキャリアーを考える。

WBSを見ながらLCCを考えている@batoです。
最近つくづく思います。
それはセミナー!
不動産投資のセミナーや、ブログやIT関係のセミナーのお誘いがやってきます。
もう一つはイベント。
見本市もさることながら、AKBのイベントも東京なんですよね。
おっ、このセミナー受けてみたいって思っても東京です。
お金もありませんが、時間もありません。
どちらかがあれば何とかなります。
例えば時間。
最近の高速バスの発展振りは凄い。
あらゆる都市から東京へ繋がっています。
もちろん代金が安い。
関西から東京まで5000円以下なんてざらです。
しかし、一晩かけて東京ってわけにもいきません。
お金があればやはり飛行機ですね。
50分後には東京です。
もちろん搭乗の15分前にはチェックインしないとだめですよ。
ここで登場するのがLCCですよね。
うまく取ればバスなみ料金。
行けなかったイベントにも行けるかも!
問題は関空までの脚!
橋下市長リニアお願いします。
以前にも書きましたが、LCCも住んでいるところで違ってきます。
路線が限られているLCC。
乗り入れている空港のある都市近郊の人のみお得となります。
飛行場まで10000円かけて行くなら地元の空港から大手航空会社を利用したほうがいいでしょう。
つまり、東京、大阪、千歳、福岡などの大都市近郊の人が対象ってことでしょうね。
この地区でも少し離れると新幹線にまけたりするかもしれませんよね。
 

Follow me!