やっぱり凄い!トヨタの戦略

トヨタ燃料電池車の特許を無償提供

トヨタの経営戦略の真髄を見たような思います。

トヨタはただ単に世界ではじめて燃料電池自動車を販売したかったわけでは無かったのです。

本当に燃料電池の時代の到来を望んでいたんですね。

今日発表されたのは、トヨタの燃料電池に関する特許技術を無償提供するとういものでした。

燃料電池部分の特許に関しては期間を限定しています。

しかし、水素ステーションの技術に関しては無期限で提供するそうです。

これにより、インフラの拡充が進むことを期待しているということでした。

トヨタがいくら燃料電池自動車を作っても売れなければどうしようもない。

売るためには水素ステーションは必修のインフラです。

家の近くに水素ステーションがなければ誰もミライを買ってくれないわけです。

燃料入れに行くために、燃料と時間を消費するのでは割に合いませんからね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です