なでしこジャパン!胸に輝くはチャンピオンエンブレム!

女子サッカーワールドカップアジア最終予選のグループリーグ戦、日本対オーストラリアの試合が開催。
結果は、2−2のドローに終わった。
前半は、かなり精彩を欠く展開で、2点の先攻を許した。
しかし、後半は2点を取り返し、2−2のドローで、勝ち点1を得た。
なでしこジャパンは、前回のワールドカップ覇者。
ディフェンディングチャンピオンだ。
しかし、アジアカップはオーストラリアが持っていて、強豪同士の戦いと言えた。
結果はドローとなったが、初戦を敗戦スタートとなると苦しい戦いとなっていたと想像する。
ドローであれば決勝トーナメントに向けて盛り返す事もできる。
何と言っても、オーストラリアとドローだから、他のチームとのドローとは訳が違うと言える。
 

胸に輝くチャンピオンエンブレム

なでしこジャパンユニフォーム
なでしこジャパンのユニフォームには、ディフェンディングチャンピオンの証しがついている。
ワールドカップ優勝国は次の大会までチャンピオンエンブレムをつける事を許可される。
日本代表チームがFIFAのチャンピオンエンブレムを胸に付けているところを見るのは誇らしい。
ディフェンディングチャンピオンとして恥ずかしくない試合をして欲しい。
我々は、心から応援したいと思う。
 

Follow me!