ニコンの最新一眼レフカメラD4S発表!

ニコンの最高級一眼レフD4Sが発表

 

 
35mmフルサイズのセンサーを搭載し、画像エンジンも新たになっています。
CMOSイメージセンサーは新開発されています。
このCMOSセンサーのすごいところは、微小な光でも写る点でしょうか。
ISO感度換算で、100~25600相当だそうで、暗視撮影が可能なレベルでしょう。
デジカメ時代になって、フラッシュの使い方が変わっています。
よどのの暗闇でないとフラッシュを発行させないで撮影できるようになりました。
素人的には、暗い居酒屋などでも料理の写真を撮影できます。
フラッシュ撮影すると、光の反射具合が微妙に難しいのです。
プロとなれば、もちろんフラッシュは使用しますが、より間接発光できるわけです。
できるだけ自然光だけでの撮影も可能になるわけです。
もちろん、野生動物の撮影には威力を発揮することでしょう。
 

プロカメラの主流がデジタル時代でニコンからキャノンへ

銀塩カメラのころは、プロのカメラと言えばニコンでした。
プロが使っているカメラに憧れて、素人もニコンを買ったものです。
しかし、デジカメへと代わるにつれ、キャノンに取って代わられているように思います。
ほとんどのプロがキャノンを使用している状況。
カメラよりレンズが高価な一眼レフカメラは、一度メーカーを決めると他に変えにくい特徴があります。
キャノンに比べ、デジカメに移行するのが遅れたニコン。
ニコンに移行させるためには、かなりのスペックか、新たな機能を投入しないと駄目でしょう。
そして、プロが使うフラッグシップモデルが売れると、一般ユーザーが使うカメラも売れる。
その起爆剤にD4Sがなれるでしょうか。
 

一眼レフデジカメの真価は、オートフォーカスで決まる

一眼レフカメラの岐路は何回かありました。
その一つが、オートフォーカスの導入です。
以前は、ピントをマニュアルで合わせるのが当たり前でした。
そこに登場したのがオートフォーカス。
カメラがフォーカスを合わせてくれる事で、いままで難しかった写真撮影を誰でも撮影できるようにしました。
しかし、オートフォーカス導入当初は、自分でフォーカスを合わす方が速いと言うプロカメラマンも多かったのです。
よりプロ仕様のカメラ程、オートフォーカスの導入が遅れました。
現在のデジタル一眼レフカメラの最も重要な事は素早いオートフォーカスである事は間違いないでしょう。

新型D4Sのオートフォーカス

AFセンサー

D4に搭載のアドバンストマルチCAM3500FX オートフォーカスセンサーモジュールをベースに、高次元に調整し洗練したAFアルゴリズム。それは、撮影距離の遠近を問わず、また、唐突に撮影画面内に入ってきた被写体であっても、撮影者の望む位置に期待通りの正確さでピントを合わせます。例えばコントラストの低い被写体に対しても高い捕捉性能を維持。捕捉した被写体は、より強化された追従性能で捕捉し続けます。カメラに向かって急速に近づいてくるスピードスケート選手を撮影するような場面でも、D4Sならば、選手がタイトにフレームを満たし、より迫力のある構図が得られる瞬間まで、AFの追従性能を信じて安心して被写体を追い続けることができます。

と記述されています。
高級な一眼レフカメラは、独自のオートフォーカスセンサーを内蔵しています。
D4Sは、フォーカスポイントを、1点から51点まで、7種類のフォーカスシステムで、プロの仕様に答えます。

CMOS画像センサーのノイズ低減技術

CMOSセンサー
あくまでデジタル画像であるデジカメの写真。
センサーが感知して画像エンジンが写真に変える訳です。
この時に、どうしてもデジタルノイズが出てしまいます。
このノイズをどの様に除去し、銀塩フィルムに近づけるかがデジタルセンサーの課題です。
各社競って開発する部分。
もちろん、プロも一番気になるところでしょう。

画像処理エンジンEXPEED 4

新開発のCMOSセンサーと画像処理エンジンEXPEED 4が低ノイズのピュアな画像を提供してくれるようです。
プロは、RAWと言うフォーマットの写真を撮る事が多いのです。
言って見れば、圧縮されていない生の光の三原色のデータです。
この状態であれば、色合いやコントラストは思いのままに編集できます。
しかし、プロの現場でもJPEGが使用される事が多くなったようです。
特に、枚数を撮る必要がある時はJPEGの方が枚数を撮影できます。
画像処理エンジンの優秀さが、写真の良さを決める訳ですね。

プロ仕様のD4Sの価格

プロ仕様に作られているD4Sの価格は、オープンプライスです。
価格ドットコムでは、583000円付近とされています。
ニコンダイレクトでは、648000円だそうです。
60万円のカメラ。
やはりプロしか使えませんね。

Follow me!