錦織選手バルセロナ・オープンで優勝!

 
錦織圭選手がバルセロナ・オープンで優勝
嬉しいツアー5勝目です。
今期は2勝目。
これで名実共にトップランカーに入ってくる事でしょう。
錦織圭選手の凄いところは、体格に恵まれているとは言いがたいのに、素晴らしいプレーをするところだと思うのです。
錦織選手の身長は178cmと発表されています。
私より2cm高いだけ。
にも関わらずあのプレーができるのです。
錦織選手の代名詞と言えるエアケイも、低い身長を補うための苦肉の作とも言えるのです。
特に、ボールの弾むクレーコートは東洋人は不利とも言われています。
この弾むボールを高い打点で打つためには飛ばないといけないわけですね。
錦織圭 バルセロナ・オープン優勝
 
VIA tennis365.net(https://news.tennis365.net/news/today/201404/100268.html)

バルセロナ・オープンとは

バルセロナ・オープンとはどの様な大会でしょう。
60年の歴史をもつ伝統の大会の一つです。
サーフェスはクレー。
フレンチ・オープンと同じレッドクレーです。
ヨーロッパはクレーコートの本場。
そして、このクレーのコートはクレーで育った選手が強いのです。
バルセロナ・オープンもほとんどの優勝者がスペイン人。
ここ3回はナダルが優勝していて、2003年以降優勝者はスペイン人のみ。
1回を除いてナダルが優勝しています。

グランドスラムの4つのサーフェス

グランドスラム。
テニスのグランドスラムは4つ。
ウインブルドン、フレンチオープン、オーストラリアオープン、USオープンです。
サーフェスがそれぞれ違うので有名です。
オーストラリアとUSオープンはハードコートになりました。
ウインブルドンは芝、フレンチオープンはクレーです。
日本人が世界に通用しない理由について、日本のコートが砂入り人工芝、オムニコートだからだと言われています。
健康志向で足に負担の少ないコートとして増えたオムニコート。
しかし、高価なオムニコートは世界ではマイナーです。
日本でも色々なサーフェスのコートを作らないと世界では戦えないのではって言われています。
 

Follow me!