尿道・尿管結石の激痛が続く時間は丸2日程度!妻が尿管結石になりました

尿道・尿管結石の痛みは激痛です。

しかも、激痛の続く時間は人それぞれの様です。

妻は2日間痛みが続きました。

私の時は、一晩でなんとか収まっています。

どちらにしても、痛みを緩和して、結石が出るのをまつしかありません。

尿道・尿管結石の激痛が続く時間は丸2日程度妻が尿管結石になりました

尿道・尿管結石の激痛は想像を絶するものです。

妻の場合、丸二日間断続的に激痛が襲ってきました。

今回は幸いなことが重なりました。

まず、土曜日でした。

土曜日でも見てもらえる病院がありました。

妻の判断が適切で、痛みが出ておかしいって思った時にすぐに病院に行きました。

これらの幸運が重なって、点滴で鎮痛剤を入れることができました。

専用の鎮痛剤をいただくことができました。

これらがなければ激痛ともっと向き合う事になっていたと思います。

救急車を呼ぶことになっていただしょう。

もちろん、救急車を呼んだ方が痛みと向き合う時間は少なかったかもしれません。

その分入院したり、大変な事も多かった様に思います。

尿道・尿管結石の痛みは出産以上(妻いわく)

尿道・尿管結石の痛みは尋常ではありません。

私も一度経験しましたが、私の場合は上手く流れたのかまだましでした。

妻の場合、痛みが激しくて動けない。

うずくまったまま姿勢を変えることすらできませんでした。

そのまま耐えていたら、痙攣が起こって起きることもできなくなりそうだったそうです。

尿道・尿管結石の激痛には波がある激痛の時は鎮痛剤を服用すべし!

尿道・尿管結石の痛みには波がある様です。

ただ、他の腹痛の痛みより、痛い時の感覚が長い。

激痛は、本当に我慢できないほどの痛みなので、我慢することを放棄するのが賢明です。

速めに鎮痛剤を服用するべきです。

結石の痛み止めはセスデン!ロキソニンはあまい効かなかった

尿道・尿管結石には効果的な鎮痛剤があるようです。

妻は、痛みが起こったときにロキソニンを服用しています。

しかし、ロキソニンはあまり効果が無かったそうです。

ロキソニンは結構効果の高い消炎鎮痛剤です。

風邪で熱が出たときなどもロキソニンを飲むと熱も下がるし炎症もひきます。

一瞬治ったかに思えるほどです。

その割に眠くなりにくい優れた消炎鎮痛剤なのです。

私が以前尿道・尿管結石になったときは、ロキソニンが処方されました。

でも、今回、市販のロキソニンは効かなかったそうです。

もちろん、処方された薬は、分量が増えます。

市販薬だったため少なかった可能性もあります。

セスデンは効くまでに1時間程度のタイムラグあり

効果が高かった鎮痛剤ですが、効果が表れるまで少し時間がかかります。

タイムラグがあると言っていいでしょうか。

妻の場合、飲んでから1時間から1時間半ぐらい激痛が続きました。

その間動くこともできずうずくまる妻をどうしてやる事もできませんでした。

できたのは背中を擦ってあげる事ぐらいでした。

尿道・尿管結石が大きければ破砕治療をしないといけない可能性も

尿道・尿管結石が大きいと、尿管に詰まってしまいます。

尿の流れがせき止められて、腎臓が圧迫されて激痛が走るのだそうです。

今回、妻の結石はけっこう大きいと医師に告げられていました。

痛みが続くようなら破砕処置をしなければいけない可能性もありました。

超音波を使って腎臓内や尿管内、胆管内の結石を破壊する装置があります。

それなりの大きさの病院には置いてあります。

最初に診察の時、超音波診断装置やCTなどで大きさが大きいと判断されると使用されるようです。

ほとんどの場合、自然に流れるかを観察するようです。

だから、激痛からは逃れられないんですよね。

お父さんはホッとした

自分が病気になるのは辛い事です。

でも、自分でなく、家族が病気になるのも更に辛い。

どうしてあげることもできない無力感にさいなまれます。

今回は尿道・尿管結石って診断が出ています。

だから、その内流れるだろうと思っています。

思っていても結構心配で苦しかった。

やっと、痛みが治まってホッとしました。

まだ、結石が出たわけでないので油断できませんが。

 

病気になるかならないかは神の領域ですよね。

ただ、病気になる原因は、様々な生活習慣のストレスにある。

七つのチャクラを読んでいて思うのです。

できるだけ、自分と家族を見つめて病気にならない生活をすべきですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です