大雨特別警戒警報が発令され一晩中避難勧告が携帯から鳴り響きそれでも自主トレに参加した一日

これまでに経験した中で、一番の大雨を経験しています。

大雨特別警戒警報が発令されて、なんども携帯電話に避難勧告の通知が鳴り響きました。

幸い、私の住んでいる地域は高台で、洪水の心配はありません。

ただ、近くの川は氾濫の危険水位ギリギリだったようです。

大雨特別警戒警報が発令され一晩中避難勧告が携帯から鳴り響きそれでも自主トレに参加した一日

関西全域に大雨が降りました。

今回の雨は、特に中国地方から兵庫県、京都府のラインに強い前線ができて、集中豪雨となりました。

梅雨の長雨がしとしと降るのと違い、豪雨が三日三晩降り続く感じです。

本当に尋常でないものを感じます。

Lineニュースで流れてきた映像をおかりしています。

近くの川のライブ映像は橋ギリギリのところまで水が来ている事がわかります。

ただ、窓を閉め切って、エアコンをかけて部屋の中にいるとまったくわからない。

ニュータウンはほとんどの場合、岡のてっぺんを切り開いて作られています。

三田ウッディタウンも周りの川より数十メートルは高いところにあります。

洪水は、大丈夫だろうと思っているから、余計に安心しているのかもしれません。

豪雨だけれどもZoomを使って自主トレに参加

外は豪雨なのでと言うわけではないのですが、家に籠っていました。

今日は、最初からLPLの自主トレに参加しようと考えていたためです。

おそらく、数年前なら、皆で集まらないと自主トレはできなかったと思います。

でも、今はネットでつながる事ができるのです。

私の様な地方在住者でも東京の自主トレに参加することができます。

Zoomは比較的コマ落ちせずに画像を見ることができます。

これは重要な事で、傾聴している時に相手の表情や仕草を見ることができます。

質問に対する反応も確認できるのです。

カウンセラーを1本、モデレーターを1本

今日の自主トレは、カウンセラーを1セッションとモデレーターを1セッションおこなうことができました。

どちらも、いい勉強になりました。

オンラインで、遠隔で自主トレセッションをおこなえることはとても嬉しい事です。

他の何事も同じだと思うのですが、経験が重要です。

才能を、経験が直に凌駕していく。

おそらく、対人援助職は特に経験が大切だと思います。

経験しているうちに、脳の中にデータベースが構築される。

そのデータベースから、今目の前のクライアントの主訴をキーワードに検索。

答えが出てくるのだと思っています。

経験が無いと、データベースを検索してもNoDataと表示されるだけになってしまう。

少々の苦手意識は、訓練と練習による経験でカバーできると思います。

だから、徐々に経験を重ねていきたいと思っています。

お父さんの様に相談に乗れる人になりたい

お父さんに相談するなんて嫌だ。

そう考えている人が多いのではないでしょうか。

お父さんに相談すると、ダメだしされるし、怒られるし、意見を押し付けられる。

そんな感じに嫌いだと思っている人は多いでしょう。

でも、本当は揺ぎ無い存在感のお父さんに相談し、背中を押して欲しい。

きっぱりと断ち切って欲しい。

そんな人も多いのではないでしょうか。

だから、お父さんに相談するように、人の話を聞けるようになりたいと思っています。

決して口数は多く無く、しっかりと話を聞いてくれて受け止めてくれる。

時には叱りつけてもくれる。

そんな頼れるお父さんです。

私の場合、口数少なくってところができるかが問題ですがw

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です