OTC医薬品がセルフメディケーション税制で確定申告で控除対象に!

セルフメディケーション税制で、OTC医薬品を買うと、一定以上の金額購入で控除対象になる様です。

OTC医薬品がセルフメディケーション税制で確定申告で控除対象になっていた

セルフメディケーション税制とは?

厚生労働省のWebサイトを見ると以下のように記載されています。

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。

1万2千円以上OTC医薬品を使用すれば、12,000円以上の部分が控除されます。

しかし、8万8千円までの様です。

OTC医薬品とは?

いわゆる大衆薬、市販薬の事。

なんでも、協会が呼び方を変えたのだそうです。

市販薬を1万2千円を超えるて買えば控除対象になると言う事です。

1万2千円以上って買いますよね。

風邪薬でも市販薬を買うと1,000円〜1,500円ぐらいします。

頭痛役でも同じ、胃薬でも同じですよね。

アレルギーの薬は一箱で足りない場合もあります。

意外と控除対象になりそうじゃありませんか?

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です