日経の記事「人気に比例しないミラーレス一眼 製品の「デザイン価値」を測る」

高級一眼レフカメラとミラーレス一眼が欲しい@batoです。
贅沢者です。
買ったらの話です。
妄想するだけはいいでしょうw
ミラーレス一眼・・・ミラーレス一眼レフって書くとミラー=レフですよね。
なんだかよくわからん状態になりますねw
と言うものの、最近の一眼レフの中では、ファインダーの視野率を確保するため、ファインダーの中を有機ELだとかのモニターにしているモデルも存在しています。
更に、ほとんどの一眼は、ファインダー以外に液晶を搭載していて、液晶を見ながらの撮影も可能ですね。
こうなると、ミラーレス一眼は、コンパクトなボディーで、レンズが交換可能のカメラって位置づけでしょうかね。
そんな、ミラーレス一眼を、日経が特集していました。
レンズ付きで実売価格(調査は2012年1月)が5万~6万円台の5機種をピックアップして、「デザイン価値」と「価格寄与度」を算出したらしい。
確かに、一眼レフカメラと言うとほとんど同じデザイン。
銀塩カメラの頃から大きく変わっていない。
大きく変わったと言えばオートフォーカスが導入された時期に現在のデザインとなった気がする。
それに比べ、ミラーレス一眼はデザインが重視されている。
オリンパスのPENなどは、昔懐かしく感じるようなデザインで作られており。
ドラマなどで古いライカの二眼などが新鮮に写ったこともあり、古く見えるデザインが新しく見えているのだろう。
オリンパスだけでなく、富士フィルムの高級機にも二眼モデルが登場し人気を得ている。
今回の記事は、オリンパス:PEN Lite E-PL3、SONY: α NEX-5N、ニコン:1J1、パナソニック:Lumix GF3、ペンタックス:ペンタックスQの5機種。
一眼レフを製造している5大メーカーかな。
この中で、ニコンの1J1は、機能のわりに価格が安い噂だ。
一眼は欲しいけど、大きすぎて重く、持ち運びしにくい。
一眼の機能は欲しいけど、軽いほうがいいって人は、ミラーレス一眼などどうだろうか。

Follow me!