不動産投資の恐怖!自己資金が乏しい状態で不動産投資をはじめるには?

不動産投資には、一定の自己資金が必要です。
少なくとも1割の自己資金と言われています。
しかし、世の中には、少ない自己資金で不動産投資をはじめている人がいるのです。
 

1棟目が一番大変

どの様なことでも同じなのですが、最初の一歩が一番難しい。
石を転がすことですら、転がし始めが一番難しいですよね。
物理法則ですらそうなっているのです。
投資でも同じようです。
最初に自己資金を貯めること自体が大変です。
普通のサラリーマンで、ローンを抱えていたりすると、とても自己資金を貯めるのに数年では無理です。
アパート購入費用も、もちろん銀行からのローンを避けて通ることは出来ません。
 

激安物件で投資をはじめる

この様な、参入障壁とも言える自己資金。
この自己資金の問題を乗り越える一つの方法としての激安物件購入があると言えます。
いろいろな不動産投資の本を読んでいると、激安物件を様々な方法で購入している人がいます。
本当に安い物件を最初に購入し、これを賃貸にだす。
賃貸からの収入と、給与所得で次の物件を購入し、増やしていくと言う戦法です。
全て現金で購入できれば、不動産を担保に加えて融資を有利に得ることができるかもしれません。
2棟目は購入しやすくなるケースもあるわけですね。
激安物件は、市場に通常の形では出てきません。
様々な情報を入手して、自ら動いて探さなければなりません。
皆が知っている情報で、本当に儲かる情報は少ないですよね。
儲かる情報だからこそ、入手には困難が伴うわけですね。
 

激安物件にはリスクも

しかし、激安物件はいいことばかりではありません。
物件の状況がよくない物も多くあります。
トラブルを抱えている物も多い。
その辺りを見極める目と、失敗を恐れない姿勢が重要ですね。
1回や2回失敗しても、復活できるような金額でおこなうことを考えないといけないと思います。

Follow me!