いちばんいい涙は、悔し涙だと思う

心の汗になる涙は悔し涙じゃないの?

泣くとき
涙って、どんな感情の時出てきますか。
悲しいとき、嬉しいとき、悔しいとき。
よく言う流していい涙のイメージは、嬉しいときの涙じゃないですか。
でも、よく考えて下さい。
本当にいい涙は悔し涙ですよ絶対。
嬉し泣きなんてしても、前に何も進みません。
悲しい涙なんて最低です。
悲しいから泣いて、綺麗さっぱり忘れるのならいいでしょう。
しかし、どうしようもない事にうじうじ泣く場合が多いですよね。
ところがです、悔し涙は、悔しくなる程の事が起って泣いています。
悔し涙を流すって事は、前向きに挑んだ証しです。
悔し涙を流している間、無茶苦茶考えています。
悔し涙を流せたという事は、進歩できる所に自分が居るという事です。
どの涙がいいと言われると、悔し涙がいいわけです。
 

前向きに考えるって事

考え方の方向は少し変えると、一番悪い事がいい事に見えてきます。
だって、普通は嬉し涙を流しなさいって言うと思います。
でも、考え方を変えると悔し涙がいちばん流していい涙になるわけです。
考え方一つで、不幸が幸せに変わる訳です。
前向きに考えていくと、全てがいい事になりますよね。

Follow me!