話題のケルセチン配糖体配合の特保の特茶を買ってみた

タマネギに多く含まれるケルセチンは抗酸化作用があって血糖値を下げる

タマネギは、血糖値を下げる作用がある事が知られています。

このタマネギの成分で、血糖値を下げる作用がある成分がケルセチンです。

ケルセチンを配合して、しかもカテキンの濃度を上げたお茶が発売されています。

ケルセチン配合の特保の特茶

特茶

その特保の特茶を買ってみました。

他の健康食品と違って、コンビニ等でも買えるのがいいですね。

私は、自分の勤める会社で売られていたので購入しました。

苦めのテイストで、濃いめのお茶が好きな人には美味しいお茶となっています。

この苦みはカテキンの影響でしょうか。

濃いお茶が好きなので、特茶気に入りました。

 

特茶

裏の成分表記を見ると、ケルセチンにカテキン、更にカフェインが配合されています。

ケルセチンは110mg

カテキン230mg

カフェイン90mg

です。

カフェインも糖の吸収をゆるやかにする働きがあるので、この3つの配合は最強のような気がします。

これに、難消化性デキストリンでも配合されていれば、本当に最強ですね。

カフェインは、眠気防止にもいいですよね。

カフェインレスのお茶もありますが、私はカフェイン入っている方がいいですね。

サントリー 緑茶 伊右衛門 特茶(特定保健用食品) 500ml 48個セット

タイトルとURLをコピーしました