ブラジルワールドカップ開幕!日本人審判がホイッスル

サッカーのブラジルワールドカップ初戦は、ブラジル対クロアチアの一戦。
この試合の審判を勤めたのが西村雄一主審だ。
そう、ブラジルワールドカップは、日本人審判のホイッスルで始まった。
サッカーの試合というのは、審判のジャッジに影響される事が多い。
日本代表も、審判の不適正なジャッジに泣かされたものだった。
サッカーの試合では、審判というのはそう言う物なのだ。
西村雄一審判も、今、批判にさらされている。
西村雄一主審
 
VIA The Wall street journal
前半に発生したPK判定への批判だ。
PKの判定については、様々な試合で疑義が出ている。
人間が、しかもあの広いピッチで見ているのだから限界もある。
審判から見えない位置で引っ張ったり、審判からは倒された様に見える縁起をして倒れるのもテクニックとも言える。
もちろん、褒められた行為ではない。
しかし、行った選手も、一歩間違えればシュミレーションを取られる。
ここはギリギリの駆け引きと言う事になるのだろう。
サッカーは、この様な行為を防止するために、ビデオ判定等を導入すべきとの声も多い。
様々なスポーツでビデオ判定は導入されていて、公正さが保たれる。
公正さを保つためには導入すべきと言えるだろう。

Follow me!