太りたい 女性のためのサプリ時間差吸収プロテイン配合で綺麗に太る

太りたいけど太れない!それが悩みって人は結構いるみたいですね。

私も、とある心理系のセミナーで、凄い美人とお話しする機会がありました。

たまたま前の席になったその美人は、太れないって事が悩みだそうです。

スレンダーが好きな私から見ると、痩せている事は魅力的に映ります。

でも、女性にとっての理想の体型ってあるんですよねきっと。

可愛い水着を着たい、可愛い服を着たい。

その時に、ガリガリではなく、少しボリュームがあった方がいい。

その気持ちも良くわかります。

プルメイク太りたい女性のためのサプリ時間差吸収プロテイン配合で綺麗に太る

多くの人がダイエットを志しては挫折して、痩せたいと考えています。

でも、その逆に太りたいと言う方もいらっしゃいます。

痩せたいと言う悩みとは違って、太りたいと言う悩みは、あまり多く情報がありません。
だから、逆に深刻と言えますね。

がんばって食べる様にしていても太らない。
小食であまり食べることができない。

悩みは深刻なのに人からは「羨ましい」「わたしもそれが良い」などどいわれてしまう。

だから相談することもためらってしまうと言う人も多いはず。

太りたいという悩みを持っている女性はたくさんします。
相談しにくい太れない悩みにこんなサプリメントがある様です。

太りたいをサポートするプルメイク

プルメイク

プルメイクは、太りたくても太れない、健康的な女性的な身体になりたい、
そんな悩みに答えてくれるサプリメントです。

プルメイクは、プロテインと酵素、炭水化物で太らないと言うお悩みに対処しようとした製品。

美しく太るためには、まず、プロテインで体を作って、酵素で栄養の吸収率を上げ、炭水化物で脂肪を作る事が必要って事でしょう。

太りたいから=体重を増やしたいって事ではないと思います。

特に女性は。

太るためには炭水化物を取る必要があります。

しかし、太れない人が炭水化物を無理やりに捕ると、太らないのに血糖値だけ上がる可能性があります。

私は、男ですが、外見的にそれほど太っているとは思われません。

しかし、血糖値は高いです。

太らないという事は、そもそも脂肪を蓄える能力も少ないと言えます。

太りたいからと炭水化物だけを食べていると、太らないのに糖尿病になる可能性もあります。

 

プロテインは、ダイエットや筋肉をつけたい人が摂るものだと思われがちです。

しかし、ガリガリ体質から抜け出すにはたんぱく質が必要です。

たんぱく質を効率よく摂ろうと思うと、プロテインを飲むことが効果的だと言えます。

 

特に、プルメイクは、分子の大きさの違うプロテインを配合。

たんぱく質の吸収力を上げています。

ガリガリ体質から脱出するには、プロテインに加えて、運動を取り入れることをお勧めします。

 

逆 ダイエット デブエット?女性らしい体になる

逆 ダイエット デブエット?

いくら痩せていて太りたいと言っても、不健康に太ってはダメですよね。

健康的に、美しく太りたいわけです。

 

痩せることも、太ることも、結構似ている所があります。

適正な量の食事をして、適度な運動をする。

実は太るためにも運動は重要なんです。

宇宙飛行士は、どんどん痩せてしまうって知っていますか?

宇宙だと、筋肉を使わなくても生きていけるので、筋肉が必要なくなります。

するとどんどん痩せていくのです。

人の体は、必要な状況を作らないと要らないと思ってしまうんですね。

特に筋肉がどんどん減っていってしまいます。

規則正しい生活をして、適度な運動をする事はデブエットでも必要な事です。

綺麗に太る プロテイン

たんぱく質を積極的に摂取することが体づくりでは大切です。

太りたいと考えるなら、まずはガリガリ体質から脱出が必要でしょう。

プロテインを積極的に摂取して、適度に体を動かすことをお勧めします。

トレーニングで体を作る

プロテインなどを飲んで、たんぱく質を積極的に摂ったとしても、体がたんぱく質を必要としていないと吸収されません。

身体に吸収させるためには、体を動かす必要があります。

女性の場合、トレーニングしても筋肉もりもりになっていく事は少ないです。

適度にボリュームアップして、女性らしい体になっていきます。

 

特に、バストアップやヒップアップなど、部分的にボリュームを増やして綺麗な身体を手に入れたい場合は、トレーイングが必要です。

太れない原因

太れない原因にはいくつかありますが、やっぱり食事をしても栄養の吸収が良くないことが原因の一端としてあると思います。

食べているのに太らない。

太っている事を気にしている女性には憧れのフレーズですが、太りたい女性には切実な問題です。

食が細くて太らないのと違って、食べているのに太らない場合には考えられる原因です。

栄養の吸収力が少ない

食べ物は、口からもう栄養を吸収する工程が始まっています。

唾液の中の酵素が炭水化物を吸収するために大切な働きをするからです。

その後は、胃で消化されて、小腸で吸収されます。

血液の中に入っても、インスリンが出なければ脂肪として蓄えられません。

酵素の量が少なかったり、胃の機能が悪かったり、小腸で吸収できないなんて事も原因と考えられます。

消化吸収系の内臓の機能を改善して、食べた栄養を吸収しやすい状態にしないといけませんね。

食べる量が少ない

太れない原因には、食べる量がそもそも少ない場合もあります。

特に、炭水化物を食べていない場合、脂肪は増えません。

人は、動かなくてもエネルギーを消費しています。

ほとんどの人は糖質をエネルギーにしていますよね。

パンやお米などの主食は炭水化物で、分解するとブドウ糖です。

ブドウ糖が吸収されて、肝臓で脂肪に変わるから太るわけです。

食べる量がそもそも少ないと、太る事は出来ないわけです。

 

太る必要が無くなった現在人

必要が無ければ人の体は要らないと思って、どんどん減らします。

ただ単に、運動だけの問題ではありません。

太ると言う事が何に必要なのかと言うと、幾つか理由があります。

寒さに耐えるためが大きな脂肪の役目です。

寒さ対策

多くの動物が寒さを耐えるために脂肪を蓄えています。

シロクマなどは、極寒の地で暮らすために分厚い脂肪を蓄えています。

クジラやアシカ、アザラシなどの海の動物は、毛で寒さを防げません。

だから、分厚い脂肪で寒さに対抗しています。

生物が太るのは、気候に耐えるためなんです。

しかし、考えてみてください。

現在人は寒さを耐える必要が無くなっています。

冷暖房完備の部屋に住んでいるし、外に出る時はダウンジャケットも着ますよね。

体温調節で脂肪が必要なくなっているのです。

だから、人間にとって、脂肪はどんどん要らないものになっているわけです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です