商売道具への投資は、思い切ってやる程帰ってくる!

商売道具への投資は、高い物程したほうがいい。

自己投資

自己投資で一番顕著に

全ての人の投資である自分への投資。
例えば、本!
高い専門書やハードカバーの本ほど買った方がいい。
例えばセミナー
高いセミナー程出席した方がいい。
どうしようか?迷う!
この迷うって所が大切です。
自分のライバルになる人も迷っています。
ライバルが迷って買わない様な商売道具は絶対に買うべきです。
その商売道具を手に入れたことで、優位にたてるからです。

10年程前、ある弁護士に取材した時のことです。彼が話のついでに言ったことを、私は鮮烈に覚えています。
「この判例集のCD-ROM、100円したけど商売道具ですからね。思い切って買っちゃいました。」
今なら同じものが1万円程度で手に入るでしょうが、彼は決して損をしていません。
高かったときに思い切って手に入れていた人は、誰にでも入手可能な値段になった時点で、すでに全部の内容を自分のものにしています。
自由自在に使いこなし、もう次の段階へと進んでいるはずなのです。
こんなに合理的な先行投資はないと私は思います。

こう書いているのは、日垣 隆さんです。
日垣さんの著書、ラクをしないと成果は出ないに書いてあります。
 

ビジネス書は、平積みの最新刊を買え!

ビジネス書は、最新の本を買うべきです。
本は、中の知識を買っている訳です。
最新の本、だれも読んでいない本を買って、誰よりも速く知識に触れておくことが大切です。
誰も知らない知識を自分のものにしている事でチャンスを手に入れることができるのです。
安いからと言って、古本屋で本を買うのはもったいないことである訳です。
どうしても読みたかった本は別ですがw
自己投資
 

本当は英語の本を読むべき

世界の情報の80%は英語だと言われています。
英語で出版されてた本、ネットの情報は、日本には無い新しい情報です。
この新しい情報を、日本人が知る前に仕入れる。
日本にない知識ですから、知っているだけで一歩先に進めます。
一足早くつかんだ情報で、大儲けできる可能性もある訳です。
少なくとも、誰かに教えてあげて「ほー」とか「へー」って言われます。
この、「ほー」や「へー」と言われると、自分の株が上がりますね。
 

Follow me!