楽天エアアジアと組みLCC事業参入

楽天トラベルで独占販売か?

楽天が、エアアジアと組んでLCC事業に参入する。
エアアジアは、一度日本に参入した物の日本から撤退していた。
しかし、2015年にも再度参入することを表明していた。
日本は、アジアからの観光客が増えている。
また、日本からアジアへの観光客も増えている。
さらに、日本の空は、まだまだLCCの競争が過酷ではない。
エアアジアにとってはやはり魅力的な市場なのでしょう。
楽天は、LCC事業に出資することで、楽天の主力サービスである楽天トラベルの主力商品とすることができる。
航空機+ホテルのセットプラン充実で、HISや大手旅行代理店の団体割引航空券と対抗することも可能。
独自のプランも作ることができるので魅力的だろう。
エアアジアも、チケットの販売網を手に入れることができる。
Win-Winの関係と言える。

北海道、沖縄へ一番交通費の高い大都市名古屋からおさらば

東京の成田空港にはLCCのJetstarが就航していて、格安で各地方を繋いでいる。
関西からは、関空にLCCのピーチが本拠地を置いているため、格安に北海道や沖縄、東京に韓国にと安く行くことができる。
その点、名古屋はLCCが拠点を置いていない。
北海道や沖縄に行くのには、3大都市圏で最大の交通費を払う必要があった。
しかし、今回楽天とエアアジアが作るLCCが拠点を置くのはセントレア。
これにより、名古屋圏も安く全国へ行くことのできる時代がやってくる。
新しい旅行の形ができるかもしれない。

Follow me!