不動産投資:利回りと実質利回り

不動産投資で知っておくべき指標
不動産投資で収益を上げていく為には、購入時にどれぐらいの収益を上げる事が出来るのかを試算しておく事が必要です。
この指標で、いろいろな物件を見比べて、いい物件を選ばなければ、リスクは高まり、収益を上げる事もできなくなります。
まずは利回り
利回り(%)=年間の収入÷取得価格×100
利回りは簡単ですね。
表面利回りと言われる物です。
取得価格を何年で回収できるかの指標ともなります。
 
実質利回り
表面利回りには、不動産を維持していく為の様々な費用が含まれていません。
この費用も含めたトータルコストから計算する利回りが、実質利回りです。
実質利回り(%)=(家賃収入–年間管理費用−固定資産税−都市計画税)÷(物件価格+手数料+印紙代+登録免許税+不動算取得税)×100
簡単に言うとこんな感じになります。
物件取得には、ローンを借りる時の費用や、リフォームが必要な時の費用が含まれる場合があります。
表面利回りと実質利回りは、かかる費用が厳密になっている点が違います。
収益物件のサイトなどでは、表面利回りで利回りが書かれています。
実際には、更に費用がかかり、利回りが下がる事を理解しておく必要がありますね。
もちろん、販売業者は説明してくれますが、解らない場合が多い事が実情でしょう。
買ってしまってから「あっ、しまった」は大損です。
私も「あっ、しまった」の連続でした(汗
実質利回り(%)=

Follow me!