両国は大阪より安い?両国の食事代が安い件

両国に初めて行ってきました。

墨田区は初めてではありません。

墨田区には、東京スカイツリーに上るために数年前に家族でやってきました。

今回は、セミナーを受講するために両国を訪れたのです。

両国の飲食店は安い!

両国の飲食店は思いのほか安い。

東京は物価が高いと思っていたのです。

外食するとかなりの値段が必要だと思っていました。

ところが両国は安い。

飲食店が軒並み安く設定してあります。

両国で食べたそば処幅田屋のもりそばは650円

今回、両国滞在一日目の昼食はもりそばでした。

セミナー会場の近くにあるそば処幅田屋さんでもりそばを頂きました。

私が食べたもりそばはなんと650円でした。

親子丼ともりそばのセットも900円。

かつ丼ともりそばのセットでさえ1000円とお安くなっています。

東京の江戸っ子気質が残ってそうなお蕎麦屋さんでのもりそばは初めてでした。

とてものどごしがよくて美味しかったです。

両国で食べた回鍋肉セットは680円(税込)

セミナー二日目の昼食は中華になりました。

大衆的な、でも店員さんが全員中国人の中華店で頂きます。

ここは、四川風の中華の様で、少し辛かったです。

でも、その辛さが病みつきになりそうです。

色も少し黒色に近い回鍋肉を頂きました。

久しぶりにどんぶりご飯を一杯食べました。

本当にこんなに白ご飯を食べるのはいつ以来だろうって思いました。

ピリ辛の回鍋肉にどんぶり飯は合いすぎです。

一口食べたら止まりませんでした。

墨田区と港区は、大阪と神戸ぐらい違う

先々月まで、六本木に出没していました。

六本木と言うか、港区は東京でも一番住民の年収が高い地域。

さすがに飲食店も高く、昼食で1000円以上は確実でした。

それがどうでしょう。

墨田区は物価が安いようで、飲食店が安い。

同じ東京都でもこれだけ違うんだって思いましたね。

まるで、大阪と神戸の様ですね。

逆に、大阪と神戸は違うの?と言われそうですが。

大阪と神戸では飲食店の単価が結構違います。

神戸の方が確実に高くなりますね。

墨田区も両国界隈はそれほど治安も悪そうに見えませんでした。

なんばの方が治安は悪そうです。

なので、東京に住むなら墨田区は物価が安くて住みやすいのかなって思いますね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です