血圧を下げる?サーデンペプチドって何?

高血圧は様々な障害の原因となります。

もちろん、高血圧は、症状であると言えるので、高血圧の原因となっている糖尿病などの疾患が隠れている事もあります。

少し、血圧が高い人が、血圧を抑えるためにサーデンペプチドが有効だと言われています。

サーデンペプチドの効能は?バリルチロシンの効果

サーデンペプチドは血圧を下げる働きがあると注目が集まっています。

サーデンペプチドに含まれているバリルチロシンが血圧を下げると言われています

サーデントペプチドってイワシペプチド

サージェントペプチドはイワシに含まれるたんぱく質を分解した成分。

なので、イワシペプチドとも呼ばれています。

イワシペプチドとして取るより、サプリメントで摂取した方が望ましいと言われています。

高血圧は様々な障害を引き起こします

高血圧は、様々な障害の原因になるので要注意です。

例えば、長い間高血圧の人は、腎臓に障害が出ると言われています。

さらに、血管の障害も出やすくなります。

脳出血や心疾患の原因となるのです。

アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを抑える

サージェントペプチドに含まれている成分であるバリルチロシンは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを抑える作用があります。

アンジオテンシン変換酵素(ACE)は血圧の制御をおこなう酵素。

この酵素の働きを抑える事で、血圧が上昇するのを抑える働きがあるわけです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です