Self Drive car 自動運転車の今後はどうなるのだろう?

車自身が運転して目的地まで運んでくれる。

それがself drive car

自動運転システム搭載自動車とでも言えばいいでしょうか。

自動車メーカーのみならず、googleやボッシュも開発しているようです。

将来的には、ドライバーが運転する事無く目的地まで到着する。

そんな自動操縦が搭載されている車が目標でしょう。

しかし、各社の一致する目的があります。

それは、交通事故で命を落とす人を無くす事。

究極的には自動運転かもしれませんが、交通事故を起こさない車はもう少し早く開発できそうです。

自動運転技術は、歩行者の位置を把握し、対向車や前後の車の状態を把握するシステムです。

人間が運転している車でも、これらの情報で警報を鳴らすことや、ブレーキを強制的にかけるなどの動作は可能です。

交通事故の95%は人が原因だと言われます。

自動運転できなくても、95%の原因を取り除く事はできそうです。

ココまで来た自動運転システム

各自動車メーカーが自動運転システムを開発しています。

自動車メーカーだけではなく、様々な企業も研究中のようです。

今現在、どこまで開発は進んでいるのでしょうか。

日本企業は少し出遅れていいるようです。

HONDA

最初はホンダから。

まだまだ、箱庭での実験段階の様に見えます。

日本車は、大々的に行動での試験ができないのでしょうか。

少し苦戦している様に見えます。

NISSAN

日本で自動運転システムが一番進んでいるのは日産の様に思えます。

安倍総理を乗せて実験をおこなった事でも有名ですね。

公道ではなく、箱庭なのが残念です。

高速道路の実験では、スムーズなクルージングを披露しています。

追い越し等も軽快です。

Mercedes Benz

ドイツ車、特にメルセデスベンツの自動運転システムは一歩抜きん出ている様に思います。

ドイツの複雑な街中を走行して実験を重ねています。

スムーズに街中を走行して、障害物を避けているところなんて、すぐにでも市販できそうです。

高速道路の走行は更に軽快。

アウトバーンでハンドルを握らないって度胸が要りますね。

BOSH

そしてボッシュの取り組み

ボッシュも開発している様です。

Google

最後はもちろgoogle

もう、2年も前からカリフォルニアなどの公道で試験をくり返しています。

最初は、先代のプリウスにシステムを搭載していました。

最初のself drive car userが紹介されています。

目が不自由なユーザーを乗せてファーストフード点やクリーニング店んへ。

本当に2年前?って感じの映像です。

そして、システムとコンセプトについての映像です。

この他にもgoogleは、フィアットに搭載する映像も存在します。

これを見る限り、プラットフォームとなる車を選ばないって感じです。

レガシーフリーってことでしょうか。

まさに、Androidと同じ事。

その気になれば、あなたの車にも搭載できますよって感じですね。

 

交通事故の無い世界へ

志を高くもって挑戦して欲しい物です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です