芦屋の食パン三店(ベッカライビオブロート・パンタイム・Panay芦屋)食べ比べ

芦屋で食パンが厚い、あっ、熱い。

食パンは、一斤や一本で買って自分で切ると厚さもお好み次第です。

集めも薄めも思い通りです。

好みの厚さで食べることができますね。

言わなくても皆さんが知っている高級住宅が芦屋。

芦屋に食パン専門店がしのぎを削っています。

今回は、芦屋の食パン専門店と、以前から芦屋で人気のパン屋さんの食パンを食べ比べて見ました。

食べ比べた食パンは3店舗。

ベッカライビオブロート・パンタイム・Panya芦屋の3店舗。

食べ比べには無い明日の食パンの記事はこちら!

芦屋の食パン店をまとめた記事はこちら!

芦屋の食パンベッカライビオブロート・パンタイム・Panya芦屋を食べ比べ

芦屋で食パンを食べて見たいと思わせるパン店の3店舗。

ベッカライ・ビオブロートにパンタイム・Panya芦屋の3店舗。

もちろん、他にも美味しいパン店は芦屋には沢山あります。

まっ、時間の関係上この3店舗に絞りました。

ただ、間違いなく選りすぐりの3店舗であるといえるでしょう。

芦屋で買える食パン

まずは、お持ち帰りの袋。

左から、Panya芦屋、その次ベッカライビオブロート、右端がパンタイムです。

Panya芦屋は、ビニール袋に食パンが入っていて、その外に紙袋。

ベッカライビオブロートとパンタイムは、パンは紙袋に入れられた上にビニール袋に入れてもらえます。

これは、パンの性質によるのじゃないかなって思ってます。

Panya芦屋はしっとりしていて、水分保有量が多いのです。

だから、ビニール袋が内なのではと思います。

ハード系のパン店はほとんど紙袋に入れてからビニール袋に入れる場合が多いですね。

外側のパリって感じが無くならないように紙袋に入れて余分な水分を逃しているのです。

芦屋で買える食パン

3店舗の食パンを切って見ました。

左から、Panya芦屋、真ん中はベッカライ・ビオブロート。

右端がパンタイムです。

切り方が下手なのはご愛嬌でお願いします。

並べてみると、全く違うって思いますよね。

Pana芦屋の紙袋

芦屋で買える食パン

ベッカライ・ビオブロートの袋

芦屋で買える食パン

パンタイムの袋

芦屋で買える食パン

ベッカライ・ビオブロート本格派ドイツパンの食パンは香り豊かでナマ食でもGood!

芦屋で買える食パン

本当に小さなお店がベッカライ・ビオブロートです。

ハード系で素朴なパンがほとんどで、種類も多くありません。

シナモンロールやクロワッサンなど数種類だけです。

芦屋で買える食パン

紙袋の上からのぞいても貫禄があります。

食パンと言っては申し訳ないような貫禄です。

芦屋で買える食パン

表面は、特に上がパリッとしています。

何よりも、香りが凄い。

本当にいい香りがします。

香りは、3つの中で1番です。

芦屋で買える食パン

表面が固くて、中はいい感じの気泡が開いています。

この感じは、上質のフランスパンの様です。

でも、フランスパンよりも柔らかい部分が多い。

この柔らか話は、決めの細かい食パンとは違います。

はっきり言って、生で食べても無茶苦茶うまい。

と言うか、生で食べないと勿体無いと感じるほどです。

着けられた甘さでなく、自然な甘さが噛めば噛むほど口の中に広がります。

ハード系のパンが好きな人はたまらないと思います。

 

パンタイム 調理パンもサンドイッチも上手いパン屋の食パンは3種類

芦屋で買える食パン

パンタイムも、あまり大きな店舗とは言えません。

どちらかと言うと小ちゃな店舗。

小ちゃな店舗の中には、いろんな種類のパンが並んでいます。

食パンですら3種類、山食、角食、ふわ食の3種類です。

芦屋で買える食パン

ふわ食はナマ食のために作られたと思われる食パン。

中がフワフワです。

その割に、外側は意外としっかりしていて、サンドイッチにしても崩れないと思われます。

芦屋で買える食パン

お尻の部分にPの焼印が押してあります。

パンタイムのしるしだと思います。

パンタイムの食パンは、生で食べても美味しいのですが、何かに合わせても美味しいです。

パンが主張しすぎていず、控えめなんです。

パンはあくまで主食です。

メイン料理に合わせて食べるもの。

特に食パンは主張しすぎてはいけないと思うのです。

でも、メイン料理をダメにしてもいけない。

難しいところです。

パンタイムの食パンは、3店舗の中で一番メインとの相性がいいと私は思います。

Panya芦屋 プレミアムとセレクト2種類の食パン専門店

芦屋で買える食パン

3店舗の中で唯一の食パン専門店。

東京にも進出したと言うほど芦屋では人気です。

Panya芦屋は2種類の食パンだけを販売する食パン専門店。

プレミアムとセレクトです。

芦屋で買える食パン

今回は、甘みの少ないセレクトです。

プレミアムは、セレクトと比べて甘みが多く、ナマ食に向いています。

じゃ、セレクトが甘くないかと言うとそんな事はありません。

十分以上に甘いです。

芦屋で買える食パン

きめ細やかで柔らかく、持つと垂れていきそうなぐらいです。

イーストのいい香りがして、セレクトは少し塩見もあるように思えました。

芦屋で買える食パン

間違いなく、3店舗の中で一番柔らかいパン。

硬いパンが苦手という方にはおススメです。

耳まで柔らかく、耳が一番美味しいのではと思うほどです。

芦屋の食パンを食べ比べて見たまとめ

食パンがこれほど奥が深いものになっているとは驚きです。

食べる人によって好みが有ると思われます。

私はハード系のパンが好きなので、香りと味がベッカライ・ビオブロートにあった様です。

昨今のナマ食ブームですが、食パンはやはり、バターやジャムと合わせて食べるのもいいものです。

それだとパンタイムがいい様に思います。

ナマ食で、プレーンで食べるならPanya芦屋でしょう。

なんといっても柔らかいです。

甘みの多いプレミアムは何も着けづ単体で食べるべきだと思おいます。

シチュエーションで、選ぶパンも変わると思います。

好みのパンをお買い上げくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です