トヨタシエンタを安く買う!決め手は値引きと下取り

トヨタシエンタは、新しいタイプのコンパクトミニバンと言えるのではないでしょうか。

もともと、ホンダのフリードに対抗するように販売された車です。

サイズ的に乗りやすく、街中でも運転しやすくて、しかも3列シートにもなる。

使い勝手のいい車として重宝しています。

現在は、軽自動車にも搭載されるハイブリッドです。

ミニバンであるシエンタにもハイブリッドが設定されています。

ハイブリッドの燃費もどんどん伸びています。

ハイブリッドの走行性能の高さも外すわけにはいきません。

凄く走りやすい車です。

ユーティリティが少ない事が難点ですが、それ以外は素晴らしい車だと思いました。

トヨタシエンタを安く買う!決め手は値引きと下取り

9月は値引き決算時期!値引きが狙える時期

9月は、各社四半期決算時期であるため、値引き額は増えていく傾向にあります。

当然、トヨタもも9月は値引き額が出やすい時期になっています。

トヨタには系統の違うディーラーがあります。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店などです。

シエンタは、現在ではどの系列でも買う事ができます。

どこでも買えると言うことは、トヨタのディーラー同士を競合させる事ができるという事です。

 

決算期は同じメーカ間の力の問題で9月や2月はとにかく、値引きが見込めます。

トヨタのディーラ同士の相見積もりを取るのが効果的。

お近くの街には4系統のお店が揃っているはず。

どのディーラーでもシエンタの値引きを見積もりしてもらう事ができるので狙い目です。

 

カローラ店は他の店よりも値引きが期待できます。

だから、カローラ店で競合してもらうのがいいでしょう。

 

トヨタの場合、大きな都市の名前が入ったディーラーと、県の名前の入ったディーラーがある可能性があります。

 

販売店は、1店舗から数店舗まで、いろいろな会社があります。

経営が違えばライバルです。

 

あなたは損をしていないか?愛車の下取りで売る方法

新しい車として、トヨタシエンタの購入が決定した時、今乗っている自分の車を下取りに出すと思います。

今、自分の車を下取りで出して、高く買い取ってもらう事は、値引きしてもらうのと等しいですね。

下取りが高いと、それだけトヨタシエンタを安く買う事ができるという事になります。

ところが、新しくトヨタシエンタを買うディーラでの下取り査定だけしか取っていないとします。

すると、その自分の車の下取りの査定額が正しいって言えますか?

私も経験ある事ですが、交渉が進んでくると「トヨタシエンタは人気車種なので、値引きはこれ以上出せません。」

とか、言われたりします。

その代わりに、下取りに色を付けますと言われます。

この時、下取り車の適正価格がわからないと、トヨタシエンタを安く買った事にはなりませんよね。

だからこそ、セールスマンは、テクニックとして、ユーザーがわからない自分の車の下取り価格を持ち出してくるわけです。

下取りを低くしておいて、5万円とか10万円とか上げられると、得した気分になりますよね。

これがテクニックと言うわけです。

一見トヨタシエンタを安く買った様に見えて、中古車買い取り市場の適正額を見ないと、本当にトヨタシエンタを安く買えたかはわからないわけです。

実際には、中古車を専門に買い取る、買取専門店に売りに出すと、もっと高い価格が付く事もあるのです。

実例を見ると、10万や20万は当たり前に高い値が付くようです。

35万も高い値段が付いた例もある様なので、確かめてみた方がいいですよね。

ネットですぐにあなたの自分の車のだいたいの適正価格がわかるサイトがあります。

そこで試してから下取り交渉に行くと損しませんから、使ってみてください。

簡単な情報を入力するだけで、愛車の概算買取価格がわかるサイトです。

サイトの名前はズバット車買取比較です。

シエンタの値引き交渉をするのは何時がいい?

シエンタの値引き交渉をするのに適した時期があります。

車を販売しているディーラーは、四半期で決算をおこなっています。

この決算期に販売台数と売り上げを立てている事が大切となります。

トヨタも例がいではありません。

特に大切なのが年度末の決算期。

ほとんどの場合、1月~3月に年度末決算期となっています。

この年度末決算期が一番値引きが大きくなる時期です。

次が8月~9月にある中間決算期。

こちらも値引きが大きくなる時期です。

最近ではこの他に、初売りとボーナス時期にキャンペーンを行うディーラが増えています

キャンペーンの時には特選車も出ますし、値引き幅も大きくなります。

トヨタも毎年キャンペーンを開催しています。

このトヨタのキャンペーンを狙っていく事をお勧めします。

ヴォクシー値引き交渉方法

ヴォクシーの値引きを引き出す交渉方法を私と、私の友人達の経験談を元にお話しします。

私の友人たちは凄腕で、多くの値引きを引き出しています。

最上の値引き方法は、お得意様客になる事です。

セールスマンと顔見知りになり友達になることで破格の値引きを引き出せます。

友達になっていると、無理も効きます。

それに、どうしてもセールスマンが売りたいときに破格の物件を持ち込むこともあります。

ただ、トヨタの熱狂的なファンと言うのでなければ、買う車のメーカーが変わるのも当たり前。

毎回同じメーカーという事も無いので、この方法は通用しにくいですね。

そんな場合にも有効な値引き獲得方法をご紹介します。

ヴォクシー値引き交渉初回はこうする

初回と書いてありますが、値引きを引き出したければ、足しげくディーラに通う事をお勧めします。

顔を覚えてもらって、おいしい情報を聞けるようになっておくのです。

今度キャンペーンやりますよとか、特選車がありますよとかの情報です。

 

初回の商談は、見積もりを取る事を目的にしましょう。

どこのディーラーでも、セールスマンは1日に何件見積もりをしたって事を目標にしている所が多いです。

だから、見積もりをする事を嫌がるセールスマンは居ません。

冷やかしであっても、見積もり件数が上がるので嫌ではないのです。

買う気がある事を少し見せて、出来たらヴォクシーの試乗をしてみましょう。

いくら欲しいと思っている車でも、乗って見ないで決めたら公開することも多いのです。

見積もりは、簡単にできるシステムになっています。

短時間で出来上がりますので、長居しないで見積書をもらって帰りましょう。

最初の見積もりでも、仮の値引きが書いてあるものです。

この時点でも少し値引き額が違っている事があります。

最初の時点で値引きが多いディーラーは、最終値引きが多い可能性が高いです。

気軽に見積もりをもらい、一番多い本命ディーラーを見つけます。

その為には、多くのディーラーを回りましょう。

ヴォクシーのディーラーだけでなく、ライバル車のディーラーも同じように回ります。

ライバル車の値引きが、ヴォクシーの値引きに影響します。

ライバル車のディーラーもしっかり回りましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です