今が一番紫外線が強い季節、紫外線予防は万全に!

夏が近づいてきました。
夏=日焼け
夏が一番紫外線が強いと思われがちですが、6月の晴れてる日が一番紫外線がキツいのです。

紫外線B波にご注意!

紫外線には、A波B波C波とあるのです。
一番注意が必要なのはB波です。
B波は、皮膚細胞の遺伝子を傷つけてしまいます。
体の細胞の中で一番癌になりやすい細胞は皮膚細胞です。
胃も、腸も皮膚細胞なんです。
癌になりやすい皮膚細胞を傷つけてしまっては大変です。

日焼け止めを適切に使いましょう

紫外線は波です。
B波は少し波長が短い波なので、日焼け止めである程度カットが可能です。
上手く日焼け止めを使って、皮膚を守りましょう。

 
私が思おう最強日焼け止めは、やっぱりアネッサです。

SPFの意味とは?

紫外線にあたった場合に、どれぐらいの時間で赤くなるか、赤くなるまでの時間をどれぐらい遅らす事ができるかの数字です。
SPF5で100〜125分遅らせる事ができます。
もっとも数値の高いSPF50はその10倍って事になります。

PAの意味とは?

PAの方は、紫外線A波に効果があるかの指標です。
紫外線A波による日焼けをどの程度遅らせる事ができるかを示しています。
+の効果があるから、++++の効果が極めて高いの4段階です。
 

Follow me!