【感想レビュー】マークシートに最適な鉛筆はステッドラーの1.3シャープペン

文房具

マークシートの試験に最適な鉛筆はどこの鉛筆でしょう。

今回は、マークシートに最適な鉛筆・・ではなく、最適なシャープペンシル、ステッドラーのシャープペンをご紹介します。

当記事でご紹介する事
マークシートで最適な鉛筆
ステッドラーの性能
ステッドラーシャープペンシル1.3mmをお勧めする点

【感想レビュー】マークシートに最適な鉛筆は、実はステッドラーの1.3シャープぺん

私がおすすめするのは鉛筆でなくステッドラーのシャープペンシル1.3mmです。

ステッドラーシャープペンシル1.3mm

芯が太いシャープペンがステッドラーのシャープペンシル1.3mmです。

通常シャーペンの芯は0.5mmが多いと思います。

そんな中極太の芯を採用しているのがステッドラーのシャープペンシル1.3mmなんです。

マークシートを塗り潰し安い1.3mm

マークシート試験の時はシャーペンではなく鉛筆を持っていく人も多いと思います。

芯が細くて塗り潰しにくく、間違えたときは逆に消しにくい。

シャーペンより鉛筆が優れている理由はそんなところではないですか?

しかし、ステッドラー シャープペンシル1.3mmは違います。

とても塗り潰しやすいのです。

私が鉛筆よりステッドラーをお勧めしたい理由

ステッドラーのシャープペンシル1.3mmが鉛筆よりマークシートに向いていると私が勧める理由は以下の点です。

  1. 削る必要がない
  2. 試験途中で丸まってしまわない
  3. 的確にマークできる

の3点です。

マークシートでテストを進めていくと鉛筆の先が丸まってきてマークシートをマークしにくくなります。

そんな時は、何本か予備を持ってきて使用するか、現地で削るかだと思います。

しかし、どちらにしても時間の無駄になります。

その点ステッドラーのシャープペンシル1.3mmはシャーペンなので、芯が丸々事はなく、書き続けられます。

使用した感じでは、鉛筆よりもマークしやすいと感じました。

今年も受験シーズンが近づいてきました

今年もいよいよ受験シーズンが近づいてきました。

そろそろ受験に向けての準備が必要ですね。

筆記具の不調や紛失、芯が折れただけでもペースを乱してしまうと取り戻しにくいのが受験です。

だからこそステッドラーシャープペンシル1.3はマークシートのベストパートナーと言えると思います。

ステッドラーシャープペンシル1.3mmのその他のお勧め点

さらにお勧めできる点は、ステッドラーシャープペンシル1.3mmに装備されている消しゴムです。

写真の様に回すと出てくる消しゴムが装備されています。

かなり長い消しゴムが装備されているので、これ一本で書いて消してを繰り返し行えます。

他のシャーペンでは消しゴムはついていても小さいですよね。

もちろん、テストには消しゴムを持参すると思います。

しかし、何かのトラブルで消しゴムが無かった場合でも対応可能なのです。

ステッドラーシャープペンシル1.3mmをマークシートテストにお勧めする理由のまとめ

芯が太くマークシートをマークしやすい。

シャーペンなので削る必要がない。

回すと出てくる消しゴムを装備している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました