股が痛い!陰部から肛門の絵陰部が痛い時疑う病気

股が痛い!

以前、私も尿路結石がもとで尿道炎になったときに陰部から肛門間が痛くなりました。

ここはいわゆる前立腺の部分。

触ってみるとなんだかこりっと感じる部分です。

尿道炎が悪化するとこの辺りが痛くなるようです。

私の場合、尿路結石が膀胱の部分で止まっていて、膀胱が傷つき炎症をおこしていました。

しかし、今多いのはやはり性病の様です。

股が痛い!陰部から肛門の絵陰部が痛い症状が起こる性病

クラミジア感染症

陰部から肛門が痛い。

そんな時疑うべきは性感染症です。

私も泌尿器科で聞かれました。

「最近、夜のお店に行かれたでしょう?」

これ、「行ったことありますか?」じゃないですよw

間違いなくお前行っただろう!って聞かれ方しました。

私には思い当たるところがなく、その旨を伝えると、

「口とかでする店でも移りますよ、どんなとこ行ったのですか?」

てなぐあいです。

いや行ってないって(汗

そう言うと・・・

「では、奥様ですかね」と来ました。

いや、うちの嫁がどこで何をしているか全て知っているわけではありません。

私は信じていますが、むろん絶対とは言えません。

しかし、この言い方って失礼ですよね。

 

まっ、そんな事を医師が口にするぐらい性感染症は増えているという事です。

特に増えているのがクラミジアで、クラミジアが元で尿道炎が起こる事は間違いありません。

だから疑うのはごもっともです。

 

結局検査をして、性感染症で無い事がわかりました。

でも、謝ってくれませんでした・・・

 

まっ、それはともかく、クラミジアに感染すると尿道炎を起こします。

それを何もせずにほっておくと前立腺炎になります。

前立腺炎になると熱がでます。

私の場合は(性感染症で無かったのですが)高熱が出て、排尿が困難になりました。

男性の不妊の原因になるクラミジア

少子化が進む中、結婚して子供を作ろうという人は少なくなりつつあります。

そんな中で、子供を作ろうとしても不妊に悩む人たちが増えています。

以前は、不妊の問題は女性に原因があると思われていました。

しかし、不妊の原因は男女半々。

半分は男性に不妊の原因がある様です。

男性の不妊の原因となる疾患の代表がクラミジアです。

男性自身が睾丸炎になって、不妊になる事もあります。

それ以外にも、パートナーに移してしまうと女性が卵管炎になります。

卵管炎になると不妊になる場合がある様なのです。

どちらか一方が治療しても、再びパートナーから移されます。

パートナーと一緒に治療をしないと永遠に治らないという事なのです。

股が痛い!陰部から肛門の絵陰部が痛くなったら検査しよう!

もしも、股が痛くなったり、排尿の時に痛みを感じたら検査をするべきです。

もちろん、泌尿器科に行って検査をしてください。

病院に行く時間が無いとそのままにしていくと重大な症状に発展します。

早めに受信する事をお勧めします。

どうしても時間がないとか、症状の出ていない彼女を医者に通わせられないって思っているなら、検査だけでも受けましょう。

 

性感染症の検査は、自宅で匿名で受けることができます。

一切の個人情報を出すことなく性感染症の検査を受けることができるのです。

まず、自分が重い症状にならない様に。

そして、大切なパートナーに移さない様に。

もし、モテモテだったら、世間に蔓延させない様に。

検査を受ける事をお勧めします。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です