タブレットスタンド!肩こり対策にも!以外に肩がこるタブレットはスタンドに置いてしまおう!

ガジェット

本日はタブレットスタンドのご紹介です。

タブレットを固定して目線を水平に使う事ができるので肩こりの人にお勧めです。

[chat face=”chat1001_R.jpg” name=”パパ” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]

タブレットて便利なんですが、手で持ち続けて使うと肩が凝りませんか。

持ち続けると重いし、

目線が凄く下に向くので方が疲れるんです。

そこで、タブレットスタンドを導入しました![/chat]

目の高さで固定できるタブレットスタンドの機能と使いやすさ

タブレットを長時間使っていると肩が凝ります。

肩こり対策のためにお勧めしたいのがタブレットスタンドです。

肩こり対策のためには目の高さに画面が調節できるタブレットスタンドが良いんです。

アマゾンで探してみたところあったのが今回ご紹介するタブレットスタンドです。

肩こり対策に目線の高さに固定できるタブレットスタンド

肩こり対策のためには目の高さにタブレットが固定できるものが必要です。

目の高さにタブレットを固定するためには高さが必要です。

机の上に立てるだけでは目線が下になり肩こりが起こります。

このスタンドは、可動部分が3点あり、伸ばすとかなり高くなります。

ちょっと以前使っていたノートパソコンスタンドに置いたノートパソコンの目線と比べた写真を見てください。

以前使用していたノートパソコンスタンドが低く見えますよね。

実際低いので買い替えたんですが(笑)

新しく買ったノートパソコンスタンドはこらの記事でご紹介しています。

リモートワークにも最適 肩こりを予防する角度調節のできるノートパソコンスタンド
リモートワークをする企業が増えてますね。その為か、自宅のPCなどの仕事スペース作業環境を整える人が増えています。自宅でとなるとノートパソコンでの作業もふえます。ノートパソコンは視線が下に行くので、肩がこるんですよね。そこで、ノートパソコンスタンドで肩こり予防をするのはいかがでしょうか!?

子の高さなら、目線を落とすことなく動画鑑賞が可能です。

もちろん、お仕事にワイヤレスキーボードを接続してタイピングも楽です。

ZenCT タブレットスタンドのご紹介

私が使っているタブレットスタンドは、調べてみたのですが現在アマゾンでは販売されていない様です。

代わりと言うか、こちらの方が良さげでは??って思えるパソコンスタンドをご紹介。

こちらの方がなんだか造りが良いのでしまったと感じています。

ZenCT タブレットスタンドのタブレット脱着

このタイプのタブレットスタンドのタブレット脱着は簡単です。

タブレットを上と下から挟み込むようになっています。

スプリングで内側へ引っ張る様な仕様になっています。

簡単には外れないぐらい引っ張り力は強くなっています。

取っ手を上下回転すると左右に引っ張りタブレットを挟みます。

私のタブレットはiPad Proですが、少し前のタイプです。

純正ではないカバーが付いていますが取り付ける事が可能でした。

更に、後ろにねじ式の脱着装置が付いていて、持ち運ばないならそこで脱着も可能です。

ZenCT タブレットスタンドタブレット可動域

足の屈曲した部分は、一度位置を決めるとそれほど触る事は無いと思います。

タブレットに一番近い部分はネジを緩めて回転できるようになっています。

360度回転が可能なので、使っているアプリによって90度変える事が可能です。

敗戦の方向に合わせる事も可能です。

 

PCの代わりとして、サブモニターとして使用

リモートワークが広がる中、どうしても画面が大きい方が使い勝手がいいと感じる事も多いと思います。

最近では、iPadをサブモニターに簡単にできるツールやアプリがあります。

タブレットをタブレットとしてだけではなく、サブモニターとしても使用ることができます。

その時、タブレットだけ下だと目の動きが斜め方向になって、目と肩が疲れます。

その内に肩こりになります。

肩こりを防ぐためには、高さを合わせてやることが不可欠だと思います。

そんな時にタブレットスタンドが役立つと思います。

肩こり予防タブレットスタンドまとめ

肩こりは、目線を下にしたままPC作業する事で悪化します。

目線を下げないためにタブレットスタンドが有効です。

背の高い、目線の位置にタブレットを固定できるタブレットスタンドをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました