転職35歳限界説の崩壊!

終身雇用の崩壊とともにしがみつく椅子がなくなった

出世
yahooニュースにAERAの記事の抜粋が掲載されています。
「35歳限界説」は崩壊? 転職の新たな流れとは
と言う記事です。
以前は、35歳を過ぎると転職が無いって言うのが常識でした。
ところが最近は事情が違うようです。
事業その物が永続的でなくなっています。
以前であれば、長期間続く仕事に後継者を育てていく事で、その会社の仕事のやり方を継承していました。
しかし、最近では、事業その物が数年後に無くなるかもしれません。
新しい事業を立ち上げたとしても、戦力に若者を育てるまでに事業が無くなる可能性が高い。
即戦力が必要なのです。
事業の期間が短くなったので、先が長い人より、先は短くても経験もあり、対人スキルのある40代50代が重宝する訳です。
更に、不景気時のリストラや終身雇用の崩壊が後押ししていると思われます。
以前では、終身雇用だったため、少しぐらい待遇がよくなったとしても、今の会社を離れる事を躊躇しました。
リストラを目の当たりにした人達は、どうせここに居てもリストラされるかもしれない。
だったら、望まれるところへ、少しでもやりがいのある仕事へと転職していく訳です。

優秀だけど出世できない人が多く居る現実

成功
日本の会社は未だに階層構造です。
主任→係長→課長→次長→部長と上がっていきます。
この間で、競争があり、同期との競争に勝たないといけません。
実力だけで判断されるならまだしも、社内営業をしないと出世できません。
不毛だと思いながらも社内営業し、太鼓持ちをし、おべんちゃらを使います。
これが嫌だと言う人は、人の何倍もの実力を見せつけないといけない訳です。
出世に興味の無い人もいます。
仕事はできるけど、出世に興味が無い、出世したいけど社内営業はしたくない。
そういう人も結構居ます。
優秀だけど出世していない人達は、やりがいのある仕事を求めています。
求める企業側と応募する人とが、需要と供給の関係がピッタリくる訳です。

AERAによると、経済産業省も動いているらしい

政府も40代50代の転職を促進していくようです。
これまでの経験を新しい成長産業に役立てて欲しいと言うのです。
もちろん、裏には現在の労働法の解体をもくろんでいるフシもあります。
企業側が解雇しやすいようにしようと言う動きです。
このあたりも含めて、注意していかないといけませんね。

Follow me!