サントリー伊右衛門の特茶にはタマネギと同じケルセチン配合

血糖値を下げることはダイエットにも有効

糖尿病の患者さんだけでなく、ダイエットを行う場合も血糖値の管理は大切です。

血糖値が急激に上がると、肝臓で脂肪が作られるからです。

作られた脂肪は、内蔵や皮下に溜まります。

内蔵脂肪になるか、皮下脂肪になるかは脂肪細胞の数に関係があります。

どちらにしても、血糖値を急激に上げない事がダイエットに繋がるのです。

タマネギが血糖値を下げる

血糖値を下げる効果があるという事で注目を集めているのがタマネギ。

タマネギは多くのイオウ化合物が含まれていて、特に抗酸化物質のケルセチンが豊富に含まれています。

このケルセチンが今注目されています。

タマネギは、糖尿病の患者さんが食べ、血糖値が改善されています。

22人に濃縮タマネギをとってもらった結果、19人の血糖値が低下したとの報告があります。

ヘモグロビンA1Cが8%から7%以下に改善したと言う例もあったようです。

これは、血糖値管理に欠かせないポリフェノールでは無いでしょうか。

サントリーの伊右衛門にタマネギの成分ケルセチンが配合


【歳末セール】【2ケースご購入で送料無料】サントリー 伊右衛門 特茶 500ml×24本(特定保健用…
サントリーは、独自の研究からケルセチンのポリフェノールとしての効能に注目。

これをお茶に配合しました。

しかも、タマネギの3倍の110mgのケルセチンが配合されています。

これが、特保の伊右衛門、特茶です。

簡単に自動販売機で買えるダイエット飲料になりそうです。

特保証品なので少し高いのですが、臨床のデータがあるぐらいの効果が期待できる商品です。

 

タイトルとURLをコピーしました