ほんとうのところ、TPPってどうなんだろう?

TPPを考える。
医療とは
とかく、悪いところばかり宣伝されているTPPです。
しかし、本当に我々国民の生活を悪くするものなのでしょうか?
たとえば医療問題が話題に上がっています。
 
国民皆保険がだめになるのでは?そんな記事が沢山でまわっています。
これを聞いて、「大変だ!国民皆保険は守らないと!」そう思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、考えてみてください。
 
我々は、諸外国の保険制度の事をどれほど知っているのでしょう?
日本は、国民皆保険と言っていますが、本当に皆保険なのでしょうか?
日本では、法律により健康保険に加入することが義務づけられています。
しかし、保険に入っていればタダで診療してもらえるわけではありません。
欧米の国々では、保険に入らなくても医療費がタダの国があります。
そんな国と違って、日本人は保険料を支払っています。
保険料を支払って、なお三割支払っているのです。
 
では、保険制度が無く、医療後進国と言われているアメリカ。
アメリカにも医療保険はあります。
保険会社と契約する保険ですよね。
この保険に加入していない人が多くて問題になっているわけです。
保険に加入していても、契約を逆手にとって支払いを拒否する保険会社もあって、医療を受けることのできない人も存在している。
これは問題です。
 
しかし、高額な医療保険を払っている人は、高度な医療を受けているし、移植治療も行える。
さて、問題は我々日本人が払っている保険代金と3割負担は、アメリカではどのレベルと医療を受けることができるのでしょうか。
ここを全くしらない。
比べもしないで、一方的に悪いと決め付けるのはどうだろうと思ってしまう。
 
ネットで調べてみると、確かにしっかりとした会社で働いていない人は高額の医療費を払わないといけないようです。
月に10万ほどとか。
しかし、会社がちゃんと保険に加入していると、日本の保険料とさほど変わらない保険料で済む様です。
更に言うと、医療の質は日本より遥かにいいそうです。
ちょっと、手間な所はあるようですがw
 
混合医療の問題もある。
一部の薬を世界の標準薬で、日本未承認の薬に変えようとすると、全額自己負担となる。
実質的に、アメリカで医療を受けることのできない人と同じ状態ではないかと思う。
 
もし、TPPでこの分野が自由化されると、保険で心臓移植が可能になるかもしれない。
もちろん少なからず保険費用はかかるだろうが、日本人は、保険に異常にお金をかける国民。
その事を考えると、かなり充実した医療を受けることが可能になるかもしれないのだ。
全てを、政府発表や、利権が絡んだスポークスマンの情報に頼ると、本当が何なのかわからなくなる。
ちゃんと比較すると、一般の国民はより良い生活を送ることが可能となるかもしれない。

Follow me!